第1章:どんな仕事でも集客で95%決まる

 

物に溢れた現代ではどんな商品でも価値が必要であり、

人に価値を教えることが誰でも仕事にできる時代です。

 

このレポートを読まれているあなたは『先生・師匠』となって、

生徒となるお客さんに価値と知識を教えて

買ってもらう情報マーケティングをマスターすることで10年経っても好きなことで生きられるようになれるのです。

 

マーケティングとは『売るための方法』を意味しています。

 

 

固定客さえできるようになればあなたはいつも喜んでもらえる存在となれて、

会社員のように指示命令されることなく自由と利益が手に入ります。

これで初めてあなたらしい生き方を歩めるようになります。

 

価値を教えて買ってもらうというのは、例えば、

自動車メーカーは新車を知ってもらうためにパンフレット、CM、展示会などで価値をアピールしてますね。

アパレルショップの店員も立ち止まったお客さんに情報と価値を教えると喜んで買ってもらえますよね。

本屋もまずはペラペラと立ち読みしてもらうことで価値を感じたら購入してもらえます。

 

 

これらも全てマーケティングの一環であり、このようにあらゆる仕事において

お客さんでいるときは意識しないうちに企業の戦略通りに動かされていることになりますが

そこに不満や違和感を持ったことなんて無いですよね。

 

 

俗にいう成功者というのは、集客できる人のことを言います。

どんなに品質のいい商品を開発してもそれを買ってくれるお客さんが0人なら売上も0です。

 

逆に、平凡な出来の商品でもいつも買ってくれるお客さんさえいるのなら

安定した仕事になります。

すでに付いているお客さんたちをさらに喜ばせたいからより高品質な商品開発を目指すようになるわけです。

 

 

つまり、『成功者=集客できる人』だと言えますよね。

集客できる人=成功者という絶対法則
水上です。あなたはもしかして集客を勘違いしてませんか? お客さんを集めようとばかりしているから失敗しているのかもしれません。集客はお客さんを集めることという固定観念が引き起こすミスマッチと、成功者の法則を解説しています。

 

しかし多くの人が口を揃えて言うことがあります。

 

集客したいという気持ちがどんなに強くても同じような悩みに直面するんです。

 

大企業であっても、成功したフリーランスでもそうそう簡単にお客さんに恵まれることもなく

最初は1からのスタートだったのでみんな決まってこの悩みについて長く考えます。

その悩みとは大きく分けて4つあります。

 

次の章で詳しく見ていきましょう。

⇒ 【第2章:集客でぶつかる4つの悩み】