初心者がコピーライティングに使えるスキル

コピーライティング

水上アキトです。今回はコピーライティング初心者でも分かるように
文章を書く時の基本について解説していきます。

ライティングというのは思ったことをただ書き綴っていても
相手に伝わらなければアフィリエイトでもコンテンツ販売でも売れません。

その前に頭に入れておきたいポイントを挙げていきますね。

 

三種のコピー『キャッチ・リード・ボディ』

コピーライティングの「コピー」と聞くと、
多くの人は「キャッチコピー」を思い浮かべるようです。

ただ、キャッチコピーというのはあくまでコピーの一種にすぎません。

3種類のコピーと、それぞれのポイントを説明します。

 

キャッチコピー

雑誌や新聞などの広告面で短文で、やたらと「!」や「?」が付いた
大きな文字を見かけることがありますよね。

あれがキャッチコピーです。

 

キャッチには「掴む」とか「捕まえる」という意味がありますが、
キャッチコピーの目的はその名の通り、
読み手の興味を引いて「捕まえて」、後のコピーに誘導することです。

 

そもそも宣伝や広告などを読みたくない人・無関心な人を
一瞬で捕まえる必要があるので、
キャッチコピーは「強い表現」で「ごく短い」のが特徴です。

 

リードコピー

リード、という言葉には「誘導」とか「導く」という意味があります。

リードコピーはその名の通り、
キャッチコピーで捕まえた相手をボディコピーに誘導する役目を持っています。

 

リードコピーの内容はいろいろで、
一般にはキャッチコピーをふくらませたものや、
ボディコピーの要約であることが多いようです。

コピーの長さは数行程度で、キャッチコピーよりやや長く、
ボディコピーよりはるかに短くといったところです。

 

ちなみにリードコピーは省略されることも多く、
雑誌や新聞で見かける広告の多くも、
キャッチコピーとボディコピーだけで構成されていたりします。

 

ボディコピー

ボディコピーは商品やサービスを利用するよう読み手を説得する部分。

もっとも重要なコピーです。

もしボディコピーがしっかり書けていなければ、
キャッチコピーやリードコピーを含めたコピー全体が無駄になってしまいます。

 

ですからこのシリーズで解説してきたさまざまなテクニックも、
基本的にはすべてボディコピーについてのものです。

 

といっても、ボディコピーさえ書ければ
キャッチコピーやリードコピーを書くのはそれほど難しくありません。

 

たとえば、ボディコピーの最初の一文がそのままキャッチコピーとして
使えるケースは少なくありません。

また、ボディコピーの要約や要点の抜き書きも、
ほとんどの場合リードコピーとして使えます。

 

コピーを上手に増減させるテクニック

企業からオファーが入るコピーライティングの場合には、
文字数の指定がされることもあります。

例えば「2000文字」という指定がある場合、
原則として2000文字を超えることはできませんし、文字数が大きく不足するのもNGです。

 

それでも実際にコピーを書く際に、
初めから細かい文字数を数えながら文章を書くことはほぼありません(非効率ですし)。

まずはザックリと文章を書き上げて、
あとから文字数合わせなどの微調整をするのが普通です。

 

今回は、そんな文字数合わせのテクニックについてお話します。

 

文章を短くする

一般的に、長い文章よりも短い文章を書くほうが難易度が上がります。

ですから、これからコピーライティングを勉強しようという場合、
まずは長い文章を短くまとめるテクニックを身に付けるのが
上達の近道といえるでしょう。

 

文章を短くまとめるテクニックは、大きく分けて2つです。

 

1つめは、略語を使って個々の単語を縮めたり、
体言止めを使って語尾を削るというもの。

不要な形容詞を削るのも効果的です。

 

これらの方法は、1文字単位の細かい調整に向いています。

(ホメられることではありませんが、文章全体の内容や流れを
十分に把握していなくても使えるテクニックです)。

 

一般によく使われる略語の例を挙げると、

  • 「デジタルカメラ→デジカメ」
  • 「労働基準監督署→労基署」
  • 「マクドナルド→マック(もしくはマクド)」

などがありますね。

 

2つめは、文章の要点や訴求点(いちばん訴えたいこと)を見抜いて、
それ以外の部分を重要度や関連度の低いものからバッサリ切っていくというもの。

 

上手に使えば文章の全体量を一気に減らせますが、
当然ながら、文章の内容や流れを熟知していないと使えないテクニックです。

 

文章を長くする

文章を長くしようとして、やたらと接続詞や形容詞を使う人がいます。

ただしこの方法はNG。

しょせんは小手先の言葉遊びに過ぎないので、
読み手をイライラさせるだけです。

文字数が増えた分だけ内容が薄くなるので、文章全体の価値も下がってしまいます。

 

もしどうしても文章量を増やしたいなら、「意味のある情報」を追加してください。

ほとんどのコピーライティングでは、
最初の段階で「伝えたいポイントを絞る」作業をしているはずです。

その時にいったん捨てた情報を再利用できるかもしれません。

 

もしくは一般的な事実や客観的なデータを集めて、
本来の内容を補強する証拠資料として使ってみるのもよいですね。

 

作成したコピーは時間を置いて推敲する

企業から受注して苦労して書き上げたコピー。

すぐにでも提出したくなりますよね。でもちょっと待ってください。

まだ「推敲」という、大事な仕上げ作業が残っています。

 

といっても、コピーを書いた勢いのまま、
すぐに推敲作業に入るのはオススメできません。推敲作業にも手順があります。

 

一晩置く

コピーを書き終えたら、まずは一晩置いて、
翌朝になってから読み返す(推敲する)ようにしてみましょう。

これはコピーライティングにかぎらず、
電子メールの文面や事業レポートなどにも共通するテクニックです。

 

もし一晩が無理なら、せめて数時間は「まったく違う作業」をしてみましょう。

そしてその作業が一段落ついてから、あらためて推敲作業を開始します。

 

このテクニックのポイントは、
コピーを書いている時の興奮状態いったんリセットして、
冷静な目と頭を作ることです。

 

時間を置いてからコピーを読んでみると、
書いている最中には気が付かなかった言い回しのミスや
文章構成の粗さに気づきやすくなります。

また、不必要な繰り返しや語尾・用語の不統一も見つかるかもしれません。

 

ちなみに、読み返す際は黙読ではなく、
できるだけ実際に声を出して読み上げてみましょう。

「目」だけよりも「目・口・耳」を使ったほうが単純に3倍(?)も効率的ですし、
実際、声に出すことで文章全体のテンポやリズムの良し悪しがダイレクトに感じられます。

 

チェックリスト

以下は、有名コピーライターが自分のコピーを推敲する時のチェックリストです。

  • 語りかける相手が統一されているか
  • 興味を引く書き出しになっているか
  • 相手の使う言葉で書いているか(専門用語を使っていないか)
  • 相手にとってのメリットを書いているか
  • メリットと商品・サービスの機能が結びついているか
  • 機能の証明はしているか
  • 要点は3つ程度にまとまっているか
  • 不要な情報は入っていないか
  • 同じ内容を繰り返していないか
  • シナリオの流れに無理や矛盾はないか
  • 語尾は統一されているか
  • 表記のゆれ(用語の不統一)はないか
  • 誤字脱字はないか
  • 不適切な言葉を使っていないか
  • 接続詞や形容詞は最小限になっているか
  • 全体的に漢字が多すぎたり少なすぎたりしないか
  • 全体の文字数は適切か

 

人によってはこれ以外にもチェック項目があるかもしれませんが、
まずは上の各項目に注意してみるだけでも
コピーのクオリティは断然高くなるはずです。

ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事で解説したコピーライティングのテクニックは、
すべてのコピーに応用できるものばかりです。

ぜひ基本的なテクニックからマスターして、
理想のコピーライティングを目指してくださいね!

今の人生、今の職場は充実してますか?


人生を心から楽しむには、生活の80%の時間を費やしている仕事が充実できてないと困難ですよね。 給料を上げる、残業が無い職場、ホワイト企業、を望む方は最新の求人情報をチェックするのをオススメしています。 (ご利用は全て無料です。)




レバテックキャリア(高年収&安定にこだわるなら)

運営会社 レバレジーズ株式会社
種類 若者向け就職エージェント
年齢 20~39歳 男女
職歴 IT経験者
対象地域 関東地方、関西地方
費用 無料
特徴 条件の交渉代行、経歴書の添削、模擬面談、社風や採用ポイントなど、
さらに高みを目指したい人のためのフルサポート体制が整っている。

レバテックキャリアは、ITエンジニアやクリエイターとして若いうちから稼いでいきたい人に選ばれている人気エージェントです。
紹介先はYahoo、DMM、バンダイ、ガンホーなど国内の大手IT企業も多数!
これまで10万人以上を内定に繋げてきた実績とノウハウは使ってみた人にしか分かりませんよ。

↓ ↓ ↓
IT/Webエンジニアの転職
【レバテックキャリア】はこちら





東京しごとセンター(30代から正社員を目指すなら)

運営会社 東京都営
種類 ミドルコーナー
年齢 30~44歳 男女
職歴 正社員未経験でもOK
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、山梨
費用 無料
特徴 自分に合った仕事を見つけたい、面接が苦手、未経験が不安、
など20代で大きな自信を持てなかった人でも
安定企業での正社員雇用を希望している方のための無料サービス。

東京しごとセンターは東京都が運営している職業紹介所です。
スタッフが求人企業に足を運んで実際に見て判断されていますし、
集団で合同説明会や専用ブースでの企業面接もあるので、書類選考なしで進むことも可能です。

また、1日5000円がもらえる就活支援金制度も多くの人が利用しています。

↓ ↓ ↓
30代からの正社員就職応援プロジェクト
【東京しごとセンター】はこちらから





マイナビエージェント(信頼性の高い求人ブランド)

運営会社 株式会社マイナビ
種類 若者向け就職エージェント
年齢 20~39歳 男女
職歴 正社員の転職向け
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫
費用 無料
特徴 IT業界、金融業界、不動産業界、製造メーカーなど
これまでの経験を活かしたキャリアアップに適している。
大手企業の求人が多く目立つのはマイナビブランドによるものか。

マイナビエージェントは、専門のアドバイザーが全面サポートしてくれます。
各々が大企業にもパイプを持つため採用者の傾向を熟知し、
非公開求人が基本スタイルなのでライバルと競わずに内定まで進みやすいのです。

また、求人応募や面接スケジュールなど全て代行してもらえるので忙しい人でも使いやすいと評判です。

↓ ↓ ↓
関東関西・首都圏の求人多数。
マイナビの人材紹介サービス
【マイナビエージェント】はこちら





Tech Boost(最新のITスキルを学べる)

運営会社 株式会社 Branding Engineer
種類 プログラミングスクール
年齢 18~39歳 男女
職歴 ほとんどが未経験
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉
費用 カウンセリングは無料
特徴 AIやIoT、ブロックチェーンなど
これからのIT業界で必須となる最先端技術を学べる。
卒業後に勤める会社まで紹介を受けられる。

Tech Boostは、全くの未経験からでも即戦力になれるITスキルを学べるスクールです。
普通はIT企業に就職しても開発経験が無ければお荷物になりがちですが、3か月の集中講座で
Ruby、Ruby on Rails、PHP/Laravel、データベースなどトレンドのIT技術を習得できます。

また、学習だけして終わりではなく、就職先の紹介まで受けられるのは大きな特徴です。

↓ ↓ ↓
AIやIoT、ブロックチェーンなどを学べる
【Tech Boost】はこちら





TokyoDive(上京したい人に仕事と部屋を同時提供)

運営会社 株式会社ダイブ
種類 上京支援サービス
年齢 18歳以上 男女
職歴 不問
対象地域 全国から東京へ
費用 案件による
特徴 地方から東京生活を始めるために必要になる
仕事と部屋探しを代行してくれる。
3ヵ月だけの体験上京もあり。
仕事は未経験歓迎な職種も多数。

TokyoDiveは、地方から東京に出ていきたい人のために仕事と部屋をセットで提供してくれるサービスです。
通常は、地方在住だと東京で仕事を探すにしても面接にも交通費が掛かり、
部屋を探すだけでも多すぎて迷い、それらを自力で同時に行うのはかなりの労力です。


しかし、TokyoDiveなら先に部屋が決まるので仕事先の面接にも簡単に行けます。

スキル無しでも未経験で気軽に始められる職種も多く、
部屋はワンルームから無料で住めるシェアハウスもあり、
そのままずっと何年も東京で暮らしている人もたくさんいます。

↓ ↓ ↓
田舎にいながら東京の仕事と部屋が見つかる
【TokyoDive(トーキョーダイブ)】はこちら





コメント