報酬発生につながる記事内容はこうするべき

アフィリエイト

水上アキトです。ネットで商品を買ってもらうには記事の量が必要です。

しかし、闇雲に広告を見せられても人は逃げていくだけで結果的に儲かりません。

買ってもらうのであれば、それはビジネスなんですから戦略が必要です。

 

『見てるだけ客』がいくら多くても収入になりません。

『購入客』がいなければ時間の無駄なのです。

何となくブログを書いているほとんどの人が前者なので、
ブログやってるけど稼げない ⇒ 挫折
のパターンに陥るのです。

 

買った結果どうなったのかを書こう

例えば、ダイエットサプリの広告を紹介することにします。

これは何も知らない人が陥りやすいのですが、
普通の日記ブログを書いている人が行う戦略無しアフィリエイトというのは、

『苦労せずに5kg痩せられるダイエットサプリが新登場してますね』

みたいに紹介して広告を貼っています。

 

これは既に発信力のある人物くらいしか効果は無いのです。

有名な会社の商品でも無ければ、まず売れないでしょう。

紹介されても買う理由付けがその人の中に生まれないからです。

 

 

それをするなら

『あるダイエットサプリを飲み始めたら1か月で5kg痩せられました!』

のように実体験、画像、レビュー、結果、のほうが説得力が生まれます。

この人は実際に痩せられたっぽいから私も買ってみよう、という理由付けも生まれます。

 

見込み客を納得させられる結果を公開できるかどうかがネット販売の肝です。

 

記事内容が他人と重複してしまう

ダイエットサプリを紹介するなら、ダイエットに関するサイトを作りますよね。

このときの記事としては、
糖質制限、甘いものを我慢、体調の変化、ヨガ教室、体重の推移、
など色んなダイエット関連を書いていくのですが
中には他のブログと被ってしまう記事も出てくることでしょう。

 

重複すると言っても、それが記事のコピペだと絶対NGですが、
自分のオリジナルで書かれた記事なら別物にGoogleも見てくれます。

記事の内容が被っても、ブログ自体の信頼性だったり、書かれた時期、
などでも変わってくるので、そこまで悩まなくても大丈夫です。

 

Wikipediaのような情報サイトにしても良い

全ての記事でダイエットサプリを売ろうとしても、それは難しいです。

あまり売込みが見えすぎると、しつこい営業マンに見えてしまい
サイトを閉じられてしまいます。

売込みは一切なくて、情報を詳しく載せているだけのページもあると
カモフラージュにもなります。

 

あくまで情報サイトの一部で商品の紹介もしているんだよという見せ方ができると
売込みの空気も薄まり、自然な形で購入してもらうことにも繋がります。

 

辞書だとか専門用語など、見込み客が深く調べそうなキーワードを深掘りして
詳しく書いてあげると役に立ってもらうサイトにもなり、
ブックマークやリピーター獲得にもつながることで成約率も上げられます。

 

コメント