大量アクセスを集められる『タイトル書き方』

集客

水上アキトです。インターネットではどんな媒体でもタイトルが重要です。

ブログはもちろん、Youtubeやメールでも内容がどんなに良くても
タイトルが悪ければ見てもらえません。

私はこれまでたくさんのブログを書いてきたので
何のタイトルがNGで、どうしたら見られるようになるのかに気付いています。

疑問がすぐ解決できる期待を持たせること

検索する人の立場になってみると、基本的に調べものをしているわけです。

何か分からないことや悩み事が発生したので、
それをスムーズに解決させてくれる記事を探すのです。

 

例えば、終電が無くなって急いで宿泊ホテルを探している人に
『良い部屋が空いていて近くて歩いてすぐに到着出来てご飯も美味しいホテル』
とダラダラ書かれているよりも、
『空室あり・駅前1分・ビール200円』
と書かれているほうが圧倒的に後者のほうが理解が早いですね。

 

人は文章を最後までは読みません。

途中で読むのに疲れたり、一目で判断して去っていきます。

1秒2秒の短い時間ですぐに理解してもらう必要があるのです。

 

キラーワードを用いる

『驚愕の』『速報』『裏ワザ』みたいな単語が頭についている記事がありますが、
まず目を惹きつける効果があります。

何が言いたいのか短時間で理解してもらうためにも使えます。

 

ただ、多用は厳禁です。

1つ1つが薄まるので、ここぞというときに使います。

 

このときに読み手が使うような業界用語と組み合わせることで伝わりやすくなります。

『キラーワード』+『専門的なキーワード』

とすることによって、私に当てはまってると感じた人が開いてくれやすくします。

 

数字を使う

これは王道ですが、圧倒的に効果を出します。

『結構早く痩せられるダイエット方法』

『たった30日で12kg痩せられるダイエット方法』

では、後者のほうがイメージが伝わりやすくなります。

 

重要なことは、記事を読んだ後にどうなるのかイメージを持たせることです。

12kg痩せた自分の姿をイメージできるので、今すぐ見たいと思わせられます。

 

新聞、雑誌、テレビ、などメディアを見ていても多様されてますよね。

このときの数字というのは、別に本当の数字ではなくても良いです。

12kgピッタリ痩せられることなんてありませんからね。

 

まとめ

タイトルの重要性が分かりましたか?

ちょっとしたことなのに、大きく変化を生んでくれるようになります。

 

Google検索では、文字だけしか表現することができません。

他人のブログよりも読んでもらえるようにするには、

少しでも多くの人の目を惹きつける必要があるんです。

 

そんな小さなことでも繰り返すことでブックマークしてもらえたり

リピーターが増えたり、感謝されるようになったり、

無限の可能性が広がるので使ってみてください。

水上でした。

 

コメント