15記事のミニブログでも稼いでくれたキーワードの考え方

SEO対策

水上アキトです。稼ぐことだけに集中して考えたアフィリエイトブログを作る場合、
全てが200記事とか大型ブログにする必要はないと言い切れます。

昔は、1サイト1ページだけのペラサイトを量産する方法もあったくらいに
1つのドメインでのページ数の多さは特に関係ないということです。

ミニブログの定義って何?

ブログで言うと、10記事とか15記事くらいでも
1つのテーマだけに絞られていれば固まったブログには見えます。

初めて訪れた人から見れば、100記事あるブログと15記事しかないブログは
さほど見分けが付きません。

どちらにしてもパッと見で一気に見れる範囲は
せいぜい数ページしか無いですからね。

 

3記事くらいじゃさすがにちょっと、って感じなので
15記事くらいが最低限のブログ記事数です。

 

100記事あれば絶対稼げる、ではない

固定観念があるかもしれませんが、アフィリエイトブログというのは

記事数が多い=稼げるではない

です。

記事が多いことが、かえって邪魔するケースだってあります。

 

例えば、実際にあったこんなパターン。

 

本来書くべきだった筆者のテーマが下手に分散してしまい、
本来の広告への誘導がブレてしまうことがあります。

エステサロンAの広告を扱って、Aをテーマにしたブログのはずだったのに
記事数を増やさなきゃと考えるようになってしまい
エステサロンAに関するネタが思いつかなかったがために
急にエステサロンBの記事を書いてしまうと
ブログ全体のバランスがおかしくなります。

訪問者から見ても、せっかくエステサロンAに気持ちが向いていたのに
自らライバル他社に目を背けさせてしまっているわけです。

何がしたいのか分かりません。

これならエステサロンBについては何も書かないほうが良いです。

 

どんなミニブログであっても、ちゃんと作り込んでおけば
アクセスはあるはずです。

でも、こんなブログになるならアクセス数は増えても報酬に繋がりにくいと言えます。

 

そんなに書くネタが無い広告もある

アフィリエイトをするとしたら広告選定から始まります

ブログが先では無いです。

見切り発車でドメインやタイトルを決めてしまって、
もしその対応する広告が無かったら無駄です。

なので、何の広告を扱うか、から始めます。

 

今や広告も本当にたくさんの種類があるので、
自分が記事を書けそうなもの、ライバルは少なそうなもの、
報酬の条件が良さそうなもの、を選びます。

その中から、例えば『家事代行サービス』を扱うとします。

家事なら主婦の方でもたくさんの記事が書けます。

家事の種類だけ挙げても、料理、お洗濯、掃除、片付け、などがあり、
さらにそれぞれを細分化した記事もどんどん書けそうです。

15記事くらいなら数日で作れるでしょう。

 

 

しかし、ノーブランドのバッグなんかをアフィリエイトしようとしたときに
どういう記事を書けばいいか、あまり思いつきません。

ブランド力で引っ張ることもできず、特色も無いのなら
『丈夫な革製のバッグです』
なんてつまらない記事で終わってしまい、
そんなことは誰も検索してきませんし
楽天など通販ショップのほうがバンバン広告出してます。

自分自身が興味も無い商品だと、1記事を書くのもツライと思います。

 

ミニブログはライバルが少ないニッチ市場を狙う

ミニブログのアフィリエイトをする目的としては、

  • 競争が少ない分野
  • 短期間に何個も作れる
  • 色んなキーワードで試し打ちできる
  • 稼げないときのダメージも少ない

というのがあります。

 

ライバルが多い分野だと、彼らは1つのサイトに
相当の力を入れて作り込んでいるので
生まれて数日の赤ちゃんブログが勝てる見込みはありません。

そんなのが検索上位にGoogleが上げてくれません。

 

なので、ニッチな分野で、2つ3つの複合キーワードを使って
アクセスは月100PVくらいしか無いくらいでも
ライバルさえいないのであれば検索上位に出られます。

複合キーワードはリサーチすれば無限に見つけられるので
試し打ちにも使いやすく、
もし失敗しても製作日数が数日くらいのブログなら
大したダメージも受けません。

 

ミニブログは製作時間が短くて済む

大型ブログは100記事など書くこと自体にとても時間が掛かりますね。

独自ドメインは、物によって成長度合に変化があります。

それは人間がどうにかしようとしたところで
何ともならない要素も多いからです。

Googleの影響とか、ライバルの数や、
キーワードのマッチングなどが絡んで
どんなに被リンクを付けても
アクセスが少ないことだってあります。

 

無料ブログでテストもできる

始めから全部を独自ドメイン取得して作らなくても
SeeSaaブログなどアフィリエイト可能な
無料ブログで試し打ちもできます。

色んな複合キーワードで出していって、
数週間後に検索1ページ目に出てくるようなら
ライバルが薄い分野だ、と分かるので
そのキーワードに絞って本格的に攻めることもできます。

 

つまりは、キーワード選定をいかにたくさんの中から
お宝キーワードが発掘できるかということです。

一度上位に食いつけば、元々ライバルもいなかったわけですから
長期的に稼いでくれる可能性を秘めています。

さらにはそのブログからメインサイトへリンクさせる
サテライトブログとしても使えるようにもなります。

売れるキーワードを検索する方法(SEOに強い戦略)
ブログに『購入するつもりの無い人』をたくさん集客しても売れるわけもないですよね。重要なのは、いかに『見込み客』にアクセスしてもらえるかということです。今回は分かりやすく事例を出しながら購入率の高いキーワードを発掘する方法を解説しています。
最強のSEO対策は被リンク以外にもこの戦略を使え
SEO対策は一昔前はブックマークを付けるだとか被リンクさせろとか外部リンク対策も、今では誰でもやってそうな話ばかりですよね。でも、最近ではそんな対策だけでは差別化とまで行かなくなっている時代だと思います。

 

コメント