悩み解決系の記事の書き方テンプレート

マーケティング

水上アキトです。読んでもらえるブログにするためには、悩み解決系の記事は必須です

100万稼ぎたいと考える人ならこれは絶対に外すことはできません。

自分の為ではなく、他人の悩みや欲求を解決してあげられる内容でなければ価値を産みません。

今回は、商品販売やアフィリエイト広告誘導のときにも使えるような
『悩み解決系の記事』の例となるテンプレートとしてまとめたので参考にしてください。

 

悩み解決の記事テンプレート

 

 

訪問者が1人で抱えていること

悩みに関するあらゆるキーワードを掘り起こして、その1つ1つに記事を書きます。

例えばダイエットなら、

  • 汗をかきやすい
  • 着れる服のサイズが限られる
  • スーツがパツパツ
  • 久しぶりに会う友人の視線
  • 健康診断
  • できそうな運動
  • 過去の自分との比較

などさらに細分化していって、検索されているキーワードをまとめてから記事を書きます。

 

1つの記事内では、1つの悩みに絞ったほうがブレが無くなります。

『ダイエットブログ』など1つのテーマで30記事50記事書いていけばサイトとして充実していきます。

 

共感

ダイエット編であれば、もし過去に太っていた経験があれば
なお書きやすいでしょう。

『私も■■なときに●●な目に遭ったこともあるんですよ~』

『そうそう、分かる分かる~』

『あるとき友人から言われた▲▲の一言が衝撃過ぎて』

 

など、悩みを持つ訪問者に寄り添って会話をするイメージです。

その人と共感が深くなるほど、記事をさらに下まで読んでもらえます。

 

共感のところは、女性のほうが日頃から会話で『同調』を行っていることも多く、
上手く書けるかもしれませんね。

 

解決策その1(まだ商品は出さない)

ここは、次の解決策に進む前のワンクッションです。

共感はしてもすぐに商品を提案してしまうと、セールス感が強くなってしまうので、
あくまでも一般論から導き出せるような範囲で書いていきます。

まだ寄り添っているイメージです。

 

論理的には解決に繋がるけど、実際に実行するには困難なことなどです。

 

 

ダイエット編なら

『毎日1万歩を3か月続けられたら●●kcalも消費できます』

『腹筋を100回すると、お腹周りがこれだけ変化します』

『食事の量を1/3に我慢できると、こんな結果が!』

など、言われてみれば確かにそうなんだろうけど、一見すると簡単にはできない可能性もあることを暗に明示しておくことで、次の提案に進みます。

 

解決策その2(商品の提案)

解決策その1では大変だと感じる人向けに
簡単にできて、時間短縮もできて、解決できるような具体的な商品があることを
紹介する理由も含めてさりげなく教えていきます。

 

『1万歩と同じ効果がある脂肪燃焼サプリ』

『腹筋100回したのと同じ効果のあるヘルス器具』

『満腹中枢を抑えてくれるダイエットドリンク』

 

など、解決策その1で話していた状況を引き合いにして連結させた提案をしていくので、
その2から先に書いたほうが書きやすいかもしれません。

 

その商品であるベネフィット

解決策その2で紹介した商品が、訪問者に与えてくれる価値、を詳しく説明していきます。

(ベネフィットというのは、メリットとは違いますよ。)

 

ここはライティング手法の『FABの公式』を参考にしながら書いてみましょう。

 

FABの公式はコピーライティングの基本
コピーライティングでよく使われるFABの公式について解説します。

 

商品の魅力、メリット

商品にどれだけの魅力があるのかを伝えます。

  • 安全性
  • ブランド
  • メーカー
  • 素材
  • 価格

など類似商品の比較なども挙げると良いでしょう。

 

決済に誘導

ここまで来ると無理やり押し付けるようにせず、背中を押すだけで良くなります。

決済用のアンカーテキストを置いても良いですし、
ボタン画像を設置しても良いでしょう。

 

『ボタン 素材』などでGoogle検索すると無料のフリー素材も拾えますよ。

 

まとめ

重要なのは、最初の悩み記事を複数の釣り糸にして
具体的にどれだけ絞れるかです。

 

簡単に解決できないからこそ悩んでいるわけで
その人にどれだけ寄り添えるかで距離感も出せて
怪しまれる雰囲気も消せます。

 

そこから順々にコントロールしていくように案内していけば
セールス感も減らしつつ、自然に見せられるようになりますよ。

今の人生、今の職場は充実してますか?


人生を心から楽しむには、生活の80%の時間を費やしている仕事が充実できてないと困難ですよね。 給料を上げる、残業が無い職場、ホワイト企業、を望む方は最新の求人情報をチェックするのをオススメしています。 (ご利用は全て無料です。)




レバテックキャリア(高年収&安定にこだわるなら)

運営会社 レバレジーズ株式会社
種類 若者向け就職エージェント
年齢 20~39歳 男女
職歴 IT経験者
対象地域 関東地方、関西地方
費用 無料
特徴 条件の交渉代行、経歴書の添削、模擬面談、社風や採用ポイントなど、
さらに高みを目指したい人のためのフルサポート体制が整っている。

レバテックキャリアは、ITエンジニアやクリエイターとして若いうちから稼いでいきたい人に選ばれている人気エージェントです。
紹介先はYahoo、DMM、バンダイ、ガンホーなど国内の大手IT企業も多数!
これまで10万人以上を内定に繋げてきた実績とノウハウは使ってみた人にしか分かりませんよ。

↓ ↓ ↓
IT/Webエンジニアの転職
【レバテックキャリア】はこちら





東京しごとセンター(30代から正社員を目指すなら)

運営会社 東京都営
種類 ミドルコーナー
年齢 30~44歳 男女
職歴 正社員未経験でもOK
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、山梨
費用 無料
特徴 自分に合った仕事を見つけたい、面接が苦手、未経験が不安、
など20代で大きな自信を持てなかった人でも
安定企業での正社員雇用を希望している方のための無料サービス。

東京しごとセンターは東京都が運営している職業紹介所です。
スタッフが求人企業に足を運んで実際に見て判断されていますし、
集団で合同説明会や専用ブースでの企業面接もあるので、書類選考なしで進むことも可能です。

また、1日5000円がもらえる就活支援金制度も多くの人が利用しています。

↓ ↓ ↓
30代からの正社員就職応援プロジェクト
【東京しごとセンター】はこちらから





マイナビエージェント(信頼性の高い求人ブランド)

運営会社 株式会社マイナビ
種類 若者向け就職エージェント
年齢 20~39歳 男女
職歴 正社員の転職向け
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫
費用 無料
特徴 IT業界、金融業界、不動産業界、製造メーカーなど
これまでの経験を活かしたキャリアアップに適している。
大手企業の求人が多く目立つのはマイナビブランドによるものか。

マイナビエージェントは、専門のアドバイザーが全面サポートしてくれます。
各々が大企業にもパイプを持つため採用者の傾向を熟知し、
非公開求人が基本スタイルなのでライバルと競わずに内定まで進みやすいのです。

また、求人応募や面接スケジュールなど全て代行してもらえるので忙しい人でも使いやすいと評判です。

↓ ↓ ↓
関東関西・首都圏の求人多数。
マイナビの人材紹介サービス
【マイナビエージェント】はこちら





Tech Boost(最新のITスキルを学べる)

運営会社 株式会社 Branding Engineer
種類 プログラミングスクール
年齢 18~39歳 男女
職歴 ほとんどが未経験
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉
費用 カウンセリングは無料
特徴 AIやIoT、ブロックチェーンなど
これからのIT業界で必須となる最先端技術を学べる。
卒業後に勤める会社まで紹介を受けられる。

Tech Boostは、全くの未経験からでも即戦力になれるITスキルを学べるスクールです。
普通はIT企業に就職しても開発経験が無ければお荷物になりがちですが、3か月の集中講座で
Ruby、Ruby on Rails、PHP/Laravel、データベースなどトレンドのIT技術を習得できます。

また、学習だけして終わりではなく、就職先の紹介まで受けられるのは大きな特徴です。

↓ ↓ ↓
AIやIoT、ブロックチェーンなどを学べる
【Tech Boost】はこちら





TokyoDive(上京したい人に仕事と部屋を同時提供)

運営会社 株式会社ダイブ
種類 上京支援サービス
年齢 18歳以上 男女
職歴 不問
対象地域 全国から東京へ
費用 案件による
特徴 地方から東京生活を始めるために必要になる
仕事と部屋探しを代行してくれる。
3ヵ月だけの体験上京もあり。
仕事は未経験歓迎な職種も多数。

TokyoDiveは、地方から東京に出ていきたい人のために仕事と部屋をセットで提供してくれるサービスです。
通常は、地方在住だと東京で仕事を探すにしても面接にも交通費が掛かり、
部屋を探すだけでも多すぎて迷い、それらを自力で同時に行うのはかなりの労力です。


しかし、TokyoDiveなら先に部屋が決まるので仕事先の面接にも簡単に行けます。

スキル無しでも未経験で気軽に始められる職種も多く、
部屋はワンルームから無料で住めるシェアハウスもあり、
そのままずっと何年も東京で暮らしている人もたくさんいます。

↓ ↓ ↓
田舎にいながら東京の仕事と部屋が見つかる
【TokyoDive(トーキョーダイブ)】はこちら





コメント