Amazon出品者の大塚さんがブログの情報発信でも100万円稼いだ話

コンテンツ販売

水上アキトです。Amazonセラーをされている大塚さんが情報発信でも100万円稼ぐことができました。

私は今までにインターネットで稼げる情報商材を見ていると、Amazonやメルカリで稼ぐノウハウも多いです。

ノウハウと言っても、既製品の転売なら単純に仕入れ場所があれば流すだけであり、
出品するだけなので誰でもできる内容ですが、オリジナルな手法でやられている人もいますよね。

  • 特別な仕入れ場所
  • 安く仕入れる方法
  • 売れるコツ
  • 売れやすいノウハウ
  • OEM商品の作り方
  • 買ってもらえる説明文の書き方
  • タイトルやキーワードの設定

など差別化出来ている人は、それをブログで人に教えてあげることで稼げるんです。

これは、収入源を増やすことと、リスクヘッジになります。

 

Amazonやメルカリもそうですが特定プラットフォームへの依存が強すぎるんです。

仮に普段はサラリーマンをしていて、副業でAmazon販売してる人が、
万が一、Amazonからアカウント停止されたら終わってしまう、みたいな意味です。

 

そんなわけで今回はAmazon出品者でもある大塚さんがブログ展開だけで100万円稼いだときの話をしていきます。

結構シンプルなのでマネしやすいと思います。

 

大塚さんの簡単なプロフィール

年齢:30歳男性

似ている芸能人:照英さん

ご家庭:奥さんと2人暮らし、ネコ1匹

お住まい:信越地方

ご職業:トラック運転手(現在は専業Amazonセラー)

PCスキル:やっとキーボード入力が慣れてきた模様

性格:大雑把で不器用。筋トレが大好きで、目標を立てて達成できたときに乾杯する明るさ。

経験:元は長距離トラック運転手だったが、同僚の事故のときや一生のことを改めて考えたときに、将来の不安を感じたことと家族と田舎暮らしに憧れ始めて自営業の道を選ぶ。

トラックのときにAmazon配達もよく見かけていてこっち側に回ったほうが良いかもしれないと判断し、一から勉強を始め、Amazon販売だけで売り上げは月140万円。

なりたい夢:仕事を忘れて奥さんと1ヵ月くらいハワイに行ってみたい

 

サイトのテーマ

Amazon販売自体はパソコンスキルはあまりいらないものの、1年以上やってきたことで大塚さんはパソコンに対する抵抗感は無くなっていたようですが、知識はあまり無かったため私が補う形でやっていきました。

方向性としては、情報発信をしながら興味ある人に教材やレッスンを販売する形式です。

私に初めて問い合わせられたときはまだ大塚さんは本業はトラック運転手であり、
Amazon販売は副業でしたが、いずれはそれだけで自営業で独立する予定だったので、
下記のマッサージ師に似たやり方を推奨しました。

情報ビジネスで稼ぐやり方を初心者向けに解説
もともと情報販売とインターネットは親和性が高く、今は誰でもやり方さえ理解してしまえばノウハウを販売することもできる時代です。情報ビジネスの大きなメリットは、初期投資が掛からない点があります。

 

 

ブログは何もされていなかったので、資産化するためにWordPressを一から作ります。

これは経験なしだったので、立ち上げるだけでも結構しんどかったみたいですが、
時間をかけていき、後は記事を入れるだけのところまで1か月かかりましたが、よく頑張りました。

 

記事の方向性

集めたいターゲットは、Amazon販売で稼げてない人です。

単純に『副業したい人』を集客しようとしても、それはビッグキーワードでありライバルも多く、大塚さんのPCスキルや文章力も長けてはいない上に、ジャンルの幅も広いので成約を上げにくいと思ったのです。

 

そして、仮に日本だけで1000人のAmazonセラーがいるとして、
私の見込みでは4割くらいのセラーはまともに稼げていないだろうという予測をしました。

何故なら、Amazonセラーになるには参入が難しくないからです。

確かクレジットカードがあれば個人でも法人でも簡単に作れますよね。

 

かつ、販売ノウハウは中国転売やらカメラ転売など情報商材でもよく見かけたので、気軽にちょっとやってみようという感じでアカウントだけ作ったは良いけど仕入れ先に困ったり強豪同士の価格競争でつぶし合うイメージがすぐ浮かんだんですね。

なのでAmazon販売で稼げてない人はきっと多いだろうと見込んだのです。

 

 

 

彼が持つ『売れるコツ』はご自身の経験からたくさん書くことができたので心配いりませんでした。

大塚さんは、トラック運転手の経験が役立っていたみたいで問屋の知り合いだとか、
独自の仕入れ先も色んな場所を持っていて、商品の種類は豊富でした。

 

そのときはパソコン用品、オフィス用品、などが主なジャンルだったかなと。

まぁ薄利多売に見えるけど、割と売れ筋商品なんかもあり、問屋さんから持ってこれる商品はまだまだあると言っていたので、これまでに売ってきた実際の商品の仕入れ値や売値を公開していく記事もいくつか書いていくことになりました。

バレるので具体的な型番までは公表せずに、それを販売した理由とか予測とか、考え方ですね。

 

 

大塚さんはPCスキルというか、キーボードのタイピングもままならない状態だったので、
とにかく記事を書きまくってもらうためでもありました。

筋トレ好きなように、目標を立てられて分かりやすく数値化されたものを達成することは嫌いじゃなかったみたいです。

 

SNSの使い方

大塚さんは、twitterもFacebookもYoutubeもやってません。

理由は、性に合わないから、だとか。

何か受け付けないんでしょうね(笑)

 

別に強制もしませんでした。

性格が合わないと言われた以上、たぶん更新も続かないからです。

中途半端にあちこち余計なところに頭を使うより、
その分、ブログとメルマガ更新をやることに集中してもらいましたね。

 

収益モデル

大塚さんの場合はAmazonやメルカリで稼げてない人に対して、

  • 商品発掘方法(無料プレゼントや、1万の情報商材)
  • 問屋の紹介&商品発掘(30万円のコンサルティング)

を自身オリジナルの商品にしました。

 

大塚さんはそこら辺の情報商材からAmazonセラーに参入したわけではなく、
もともとトラック運転手として独自の問屋ネットワークを持っていたので
ネットで出てくるような誰でも見れる情報とも違ったのが価値になりました。

 

問屋紹介のコンサルで同月に3人が応募されたことがあって、100万円近く稼げたと聞きました。

 

いつも言っていることですが、『0⇒1』にさえ出来れば『1⇒10』は難しくないんです。

人によってはお客さんが付かないときのほうが長いケースもありますが、
集客が1人できてしまえば、それが新しい経験と自分の中でノウハウになります。

それによって集客するためにならないことは削られ、より集中できるのでスピードアップが果たせるようになり、結果的に集客にも慣れてきて5人10人にすることが実現できるんです。

 

大塚さんのその後の展開

彼は今までは知り合いの問屋さんからの仕入れも多かったのですが、
流通の世界から見て仲介業者からの仕入れだとどうしても利益は小さくなるので、
さらに上流のメーカーから直卸ができないか商談も始めているそうです。

問い合わせしても門前払いなこともあるみたいですが、元トラック運転手の人づてと強引さで営業マン張りの交渉で開拓されているようですね。

また、オリジナルのOEM商品開発も手を出し始めたので、新たな情報源としても活用できそうです。

 

そして、落ち着いたタイミングで奥さんと7泊8日のハワイ旅行に行くことも実現されたようです!

1ヵ月旅行まではまだできなかったそうですが、このまま頑張ってそのうちに絶対いきますと言ってました。

旅行先でもAmazon販売ならFBAはいつも通り売ってくれますし、
ブログやメルマガも出せますから、仕事に大した支障も無く、今の環境に慣れてきた様子なので今後の発展も楽しみですね。

コメント