迷惑メールフォルダに入らないように回避するためのメルマガ戦略

メルマガ

水上アキトです。メルマガ配信する方にとって、読者さんが迷惑メール扱いになってないか気になりますね。メール配信スタンドも新規アカウントのときはまだ汚れも無くクリーンな状態ですが、
長く使ったり、迷惑メールと判断されるものを無意識に使っていると

  • 何だか最近、開封率が低いな
  • 開封以前にちゃんと読者に到達しているのか

と心配になってきますね。

 

読者は何もしてないケースが多い

読者の迷惑メールフォルダに振り分けられるケースというのは、

  1. 手動で迷惑メール扱いにされている
  2. 自動でメールソフトが判断して迷惑メールフォルダに入れている

のいずれかです。

前者は、受信箱トップに来たメールを1つ1つ読者自身が手を動かして
迷惑メールのフラグを送信元やメール単位でフォルダに移していたり
フィルターで設定して振り分けをカスタマイズしています。

 

後者は、読者は何もせず、メールソフトが自動で迷惑メールと判断して
もともと設置されている『迷惑メールフォルダ』に振り分けられます。

 

圧倒的に多いのは、後者の迷惑メール自動振り分けによるものです。

 

迷惑メールと判断されたらどうなる?

メール利用者は日本だけでも1億人近く使っていますが、
メールソフトというのは、

  • インターネットを契約したときのプロバイダが用意してあるもの
  • WindowsならOutlook
  • フリーメールならGmailやYahooメールなど

のように幾つかに限られてきます。

 

メルマガ配信する側は1つのメールアドレスで多くのアドレス宛に送信できますが、
多くの人が迷惑メールだと判断してしまうと、他の受信者にも迷惑メール扱いされてしまうことがあります。

 

例えば、あなたの読者の中でGmail利用者数が1万人いるとして、
このうちの2000人があなたからのメルマガを手動でも迷惑メール扱いしたとします。

すると、Gmail側も迷惑メール判定をして、他の8000人にも自動で迷惑メールフォルダに振り分けてしまうということがあるのです。

つまり、届いていたはずのGmail利用者1万人に読まれないメルマガとなってしまうんですね。

今回の数値はただの例であり、実際の割合は公表されてません。

 

読者数は、量より質

メルマガ戦略の基本としては、

95%の読者には無料提供、5%の読者から報酬をいただくことで成立

のような考え方です。

読者が全部で1000人いたら有料会員や顧客になるのは50人、とするのが目的で、
全ての読者からお金をいただく必要はないというのが前提ですね。

 

 

なのでメルマガ読者を集めるときに、とにかく量を集めないと!
と奮起される人は多いのですが、ここで2人のケースを考えてみましょう。

ちなみに、ここに出てくるAさんとBさんは、どちらも私の知り合いです。

 

 

【メルマガ配信者Aさん】

読者数:1000人

開封率:20%

クリック率:5%

購入率:1%

購入者数:10人

 

 

【メルマガ配信者Bさん】

読者数:100人

開封率:50%

クリック率:20%

購入率:10%

購入者数:10人

 

 

さて、AさんとBさんの違いは分かりますか?

元々の読者数は10倍もAさんのほうが多いのに、どちらも最終的な購入者数は10人です。

 

読者を1000人集めるというのは、100人に比べると10倍も大変な作業をしたのに
一番肝心な成約という着地点では10人と全く同じ結果ですよね。

 

Bさんの開封率

一目瞭然ですが、Bさんのほうがずっと開封率が高いですよね。

Aさんは母数は多くてもそもそも読まれていなかったり、迷惑メール扱いかもしれません。

 

Bさんのクリック率

このクリック率というのは、Bさんがメールの中に置いた広告やLP案内です。

やはり断然高いので成約率も上がりますね。

 

読者は質より量

つまり、Bさんのメルマガのほうが読みたい読者が多いわけです。

Bさんは1人1人にしっかり向き合うようなスタイルで、焦らず着実に読者を増やした印象です。

 

Aさんの読者の集め方は、とにかく全体数を獲得してからふるいにかければ良い戦略で
お金を使ってリスト購入したり、広告を出して一見客みたいのも増やしていたようです。

メルマガ読者を集める考え方1つでもこんなに結果が変わってくるということです。

 

メルマガ解除されることが嬉しいのは何故?

『一生懸命に努力してやっとメルマガ読者が集まったのに、解除されたらダメじゃん?』
と思いそうなものですが、それは少し間違いです。

メルマガ解除されると、配信スタンドから連絡が来ますが、
誰でもメルマガに取り組みだした最初の頃はそれが結構ショックだったりします。

 

 

でも、それで良いんです。

というのは、そもそも読者を集客する方向性がズレていた可能性があるからです。

あなたのメルマガを読みたくない人までも集めてしまっていたことに理由があるからです。

無料配信のメルマガですら読みたくない人は、あなたのファンでは無いですし、
ましてやあなたが紹介する物にも興味が無ければ、あなたの商品も買うわけないのです。

 

あとで不穏分子になるくらいなら、読者さん側から離れてもらったほうが
リスト全体の質としては平均値が上がります。

その結果、先述したBさんのように到達率も高まり、開封率も高まるのです。

 

なのでメルマガ解除されたときは、『見込み客が減って良かった』程度に思っておくのです。

そこで凹む時間があるくらいなら属性を絞ることに注力していきましょう。

コメント