起業したけど失敗したという人の事例を紹介

仕事術

水上アキトです。基本的には事業を始めた人の多くが『オリジナル商品』『自分で作った商品』を売るわけですが全てが上手くいくわけもなく、中には失敗する人もいます。

んで、そんな経験のある女性と先日話していたら、何を失敗していたのか見えてきました。

 

彼女が失敗した一番の要因となったことが

自分自身が売りたい商品を売っていた

ことでした。

 

これ意味分かりますか?

『自分が売りたい商品を売る』なんて当たり前じゃん、って話ではありません。

 

肝心なことは

お客さんが求めている商品を売る

ことです。誰も欲しがっていない商品を売られても買わないのです。

案外これって自分で商品作成しているときは気付かないもの。

 

 

お客さんが欲しがっているもので、かつ自分が提供できること、
が最良です。

いくら欲しがっているものが分かってもそれをあなたが提供できないのでは
売上に繋がることはなく、機会損失となってしまいます。

逆に言えば、欲しがっているものが見えていないから
あなたの商品は売れないままなんです。

 

 

お客さんが何を欲しがっているのかを知る方法として

  • アンケートを取る
  • メルマガで質問を募る

のようにお客さんから直に反応が返ってくるように仕向けることです。

そのときに無料プレゼントなどを渡してあげると
お客さんも忙しい中、わざわざ返信してくれる理由付けにもなります。

 

 

 

極端な話をすると、そもそも世の中は、売れる物は誰が売っても売れますよね。

ミネラルウォーターを100円で売るときに、
販売者はAさんとBさんの2人がいても、客はどちらからも怪しむことなく買うでしょう。

購入者はミネラルウォーターのブランドのほうを信用しているわけで
直接手渡ししてくれる販社の評判とか信頼性とかは気にしませんよね。

そこで販売者のブランド力を付けられるようになると
150円でも買ってもらえるようにすらなります。

信頼ってそれほど強力なものです。

 

 

さらに進んだ話をすると、

あなただから買いたい

とまでお客さんがなってくれれば最強です。

類似商品の競合たちが気にならなくなって、お客さんはいつもあなたから買います。

 

どんなに欲しい物でも、あなたからしか買えない物ともなるような
オリジナリティと信頼性があれば、もはや商品は何でも良くなります。

あなたが売ってくれるものだから間違いない、ってなるんです。

それがあなたが今後作っていくべき『価値』になります。

誰でも作れますし、売れている人はほぼ全員そうやってきています。

そうなれたときにはあなたはお金の苦しみから解放されているはずです。

コメント