実話を基にしたビジネス成功論(売るものに悩んだら参考に)

仕事術

水上アキトです。ある読者さんから『何の商品を売れば分からない』という声をいただきました。

会社員なら入社した時から売るものは決定しているので、
いかに売るか、いかにお客さんを見つけるか、いかにスキルを磨くか、
などを考えるだけで良いですが、
自分でビジネスをする者にとっては商品は命です。

集客は上手くても、売るものが分からないので本末転倒です。

 

今回は、年末年始に田舎の祖父に逢ってきたこともあり、
それになぞらえた話をしていきます。

祖父も戦後に田舎で起業して
中小企業の社長を60年やってきた人なので
参考になるかと思います。

 

塩の専門店から始まった

 

私の祖父は、田舎で商売をしていて
戦後の数年後から

塩屋さん

で生計を立ててました。

塩です。塩の販売専門店をやってたんです。

今じゃ考えられないですね。

 

日清食品の創業者「安藤百福」も塩の製造業で
大金を稼いだとか言われてますし、
当時にしてみると王道の儲け方だったのでしょうか。

 

 

私の祖父のほうは知り合いの塩メーカーや問屋から卸してきて、
近所の人のための販売店です。

リヤカーや馬車で長距離を運んでいたんだとか。

当時はまだ何も無い時代ですし、
量も豊富にありませんでした。

他にお店もほとんど無い土地でした。

 

 

利益率も良かった

当初は、塩の専門店なんて他にそうそう無く、
このライバル不在っていうのは凄く強いですよね。

どんな食事にも塩は使われるのに、
何故他に誰も売らなかったのか不思議なくらいです。

 

競合がいないマーケットだと
価格も自分で決められます。

俺様価格ってやつです。

小売業だったので、大量に仕入れられる場所と現金さえあれば
かなり利益率も高かったみたいです。

 

 

もっとも、それを嗅ぎつけたライバルも
少しずつ登場してきたようです。

その頃のお客さんたちも、別に祖父の店から買いたいのではなく
塩が買えればそれでいい状態です。

 

全く同じ商品を売るライバルが少し安めに売れば
簡単にそっちにお客さんは引っ張られます。

価格競争に陥ります。

2社とも朽ちる、のパターンにも成りえたわけです。

そこで祖父は何をしたのでしょうか?

 

 

お客さんからビジネスヒントを得た

 

ある日、顔なじみになった常連さんから

『醤油は無いか?』

『砂糖は無いか?』

『魚は無いか?』

『お米は無いか?』

『お肉は無いか?』

と言われ始めるようになったそうです。

人間対人間なので、相性が良い店主と顧客
っていうのも中には出てきますよね。

 

 

祖父はここにビジネスチャンスを嗅ぎつけて
隣県などあちこちの問屋を回り始めました。

タクシーなんてありません。

昼間は店番があるので、仕入れるには深夜か早朝しかありません。

寒空の中、一体どうやって回ったかは分かりませんが
品物の種類を揃えていって
お客さんに求められた商品を店に並べました。

即日完売だったとか。

 

 

まだそこまで揃えるライバル店もいなかったことで
売値は少し高めに吹っ掛けたみたいですが、
それでも売切れになったんです。

つまり、ビジネスって
そういうことだってことです。

 

 

あなたが売りたいものを売るのではなく、
お客さんが欲しがっている商品を売るんです。

100%売れますよね。

 

 

企業が行っているアンケートとか
街頭インタビューなどは
お客さんが潜在的に求めているものを拾うためです。

なので、商品に困ったときは、
お客さんに聞いちゃえば良いってことです。

 

物が溢れている時代に売るべきもの

今では物が溢れすぎて、どんなに便利な商品があっても
すぐにそれを上回る商品が開発されているので
大企業たちでさえも苦労しています。

ライバルたちも資金力が増えてくると
人材や広告に多く使えるので
一人勝ちもしにくいようです。

 

ましてや個人が一から物を開発するには
環境も厳しいですし、
人を雇うとなると先行出費ばかり嵩みます。

 

売る商品を『情報』に置き換えるとどうでしょう?

送料もなく、在庫の心配もなく、腐ることもありません。

データなので大量に保有も受け渡しもできます。

価値のある情報には、数十万単位で取引されています。

ライバルがいても関係ないです。

あなたから買いたいお客さんが付いているなら
同じ商品を他から買うことは無いです。

信じるか信じないかはあなた次第です。

 

今の人生、今の職場は充実してますか?


人生を心から楽しむには、生活の80%の時間を費やしている仕事が充実できてないと困難ですよね。 給料を上げる、残業が無い職場、ホワイト企業、を望む方は最新の求人情報をチェックするのをオススメしています。 (ご利用は全て無料です。)




レバテックキャリア(高年収&安定にこだわるなら)

運営会社 レバレジーズ株式会社
種類 若者向け就職エージェント
年齢 20~39歳 男女
職歴 IT経験者
対象地域 関東地方、関西地方
費用 無料
特徴 条件の交渉代行、経歴書の添削、模擬面談、社風や採用ポイントなど、
さらに高みを目指したい人のためのフルサポート体制が整っている。

レバテックキャリアは、ITエンジニアやクリエイターとして若いうちから稼いでいきたい人に選ばれている人気エージェントです。
紹介先はYahoo、DMM、バンダイ、ガンホーなど国内の大手IT企業も多数!
これまで10万人以上を内定に繋げてきた実績とノウハウは使ってみた人にしか分かりませんよ。

↓ ↓ ↓
IT/Webエンジニアの転職
【レバテックキャリア】はこちら





東京しごとセンター(30代から正社員を目指すなら)

運営会社 東京都営
種類 ミドルコーナー
年齢 30~44歳 男女
職歴 正社員未経験でもOK
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、山梨
費用 無料
特徴 自分に合った仕事を見つけたい、面接が苦手、未経験が不安、
など20代で大きな自信を持てなかった人でも
安定企業での正社員雇用を希望している方のための無料サービス。

東京しごとセンターは東京都が運営している職業紹介所です。
スタッフが求人企業に足を運んで実際に見て判断されていますし、
集団で合同説明会や専用ブースでの企業面接もあるので、書類選考なしで進むことも可能です。

また、1日5000円がもらえる就活支援金制度も多くの人が利用しています。

↓ ↓ ↓
30代からの正社員就職応援プロジェクト
【東京しごとセンター】はこちらから





マイナビエージェント(信頼性の高い求人ブランド)

運営会社 株式会社マイナビ
種類 若者向け就職エージェント
年齢 20~39歳 男女
職歴 正社員の転職向け
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫
費用 無料
特徴 IT業界、金融業界、不動産業界、製造メーカーなど
これまでの経験を活かしたキャリアアップに適している。
大手企業の求人が多く目立つのはマイナビブランドによるものか。

マイナビエージェントは、専門のアドバイザーが全面サポートしてくれます。
各々が大企業にもパイプを持つため採用者の傾向を熟知し、
非公開求人が基本スタイルなのでライバルと競わずに内定まで進みやすいのです。

また、求人応募や面接スケジュールなど全て代行してもらえるので忙しい人でも使いやすいと評判です。

↓ ↓ ↓
関東関西・首都圏の求人多数。
マイナビの人材紹介サービス
【マイナビエージェント】はこちら





Tech Boost(最新のITスキルを学べる)

運営会社 株式会社 Branding Engineer
種類 プログラミングスクール
年齢 18~39歳 男女
職歴 ほとんどが未経験
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉
費用 カウンセリングは無料
特徴 AIやIoT、ブロックチェーンなど
これからのIT業界で必須となる最先端技術を学べる。
卒業後に勤める会社まで紹介を受けられる。

Tech Boostは、全くの未経験からでも即戦力になれるITスキルを学べるスクールです。
普通はIT企業に就職しても開発経験が無ければお荷物になりがちですが、3か月の集中講座で
Ruby、Ruby on Rails、PHP/Laravel、データベースなどトレンドのIT技術を習得できます。

また、学習だけして終わりではなく、就職先の紹介まで受けられるのは大きな特徴です。

↓ ↓ ↓
AIやIoT、ブロックチェーンなどを学べる
【Tech Boost】はこちら





TokyoDive(上京したい人に仕事と部屋を同時提供)

運営会社 株式会社ダイブ
種類 上京支援サービス
年齢 18歳以上 男女
職歴 不問
対象地域 全国から東京へ
費用 案件による
特徴 地方から東京生活を始めるために必要になる
仕事と部屋探しを代行してくれる。
3ヵ月だけの体験上京もあり。
仕事は未経験歓迎な職種も多数。

TokyoDiveは、地方から東京に出ていきたい人のために仕事と部屋をセットで提供してくれるサービスです。
通常は、地方在住だと東京で仕事を探すにしても面接にも交通費が掛かり、
部屋を探すだけでも多すぎて迷い、それらを自力で同時に行うのはかなりの労力です。


しかし、TokyoDiveなら先に部屋が決まるので仕事先の面接にも簡単に行けます。

スキル無しでも未経験で気軽に始められる職種も多く、
部屋はワンルームから無料で住めるシェアハウスもあり、
そのままずっと何年も東京で暮らしている人もたくさんいます。

↓ ↓ ↓
田舎にいながら東京の仕事と部屋が見つかる
【TokyoDive(トーキョーダイブ)】はこちら





コメント