情報商材アフィリエイトの流れと仕組みを解説

メルマガ

水上アキトです。今回は情報商材アフィリエイトについて解説していきます。

 

『主婦でも2か月で50万円達成した裏ワザ!』

『アフィリエイト●●●スペシャル!』

『ダイエットせずに痩せる方法!』

などなどインターネットでは怪しげな宣伝文句や名称のものを多く見かけますが、このように何かを得るためのノウハウのことを情報商材と呼ばれています。

こちらも併せてご覧ください。

初心者から200万円稼げる情報商材アフィリエイトのやり方まとめ
情報商材アフィリエイトがオススメな理由ややり方など必要なノウハウをまとめました。

 

 

情報商材とは?

お金を稼ぐ系だったり悩み解決系が多いですが、それらの教材が3万円とか5万円とかいう価格で販売されているのです。

クレジットカードや銀行振り込みなどネット上で購入すると、PDFレポートや動画が自動メールで送られてきて、解決方法やノウハウが受け取れる商品です。

それをアフィリエイトすることで稼ぐものを『情報商材アフィリエイト』と言います。

 

昔はボッタクリもあった

インターネット黎明期の頃から情報商材というのはありました。

ただ、その頃は内容が酷かったものも存在していたと聞いたことがあります。

 

競馬で100%勝てる方法!

というタイトルで1万円で売られていて、中身を開いてみると

まず、馬券を買いましょう!

みたいなレベルで終わっていたようですから、本当にボッタクリのレベルですね。

 

今の現代ではさすがにそこまで酷い内容のものはあまり見なくなり、
情報商材も内容や販売価格がASPなど第三者に審査がされて販売されるようになりました。

 

 

現代の情報商材アフィリエイト

1つ紹介するだけで1万円クラスの報酬になるのが普通なので、アフィリエイト報酬単価としては群を抜いています。もちろん、だからと言って誰でも簡単に稼げるわけでもありません。

 

『同じようなことは本でも書いてあるんじゃないの?』

と思われるかもしれませんが、情報商材は本よりも具体的で実践的な内容が多いです。

 

私も情報の収集ということで本も情報商材も色々と買ってきたことがありますが、

情報商材は、稼ぐ方法にしろ悩み解決にしろ、ピンポイントで書かれていることが多い印象です。

(全部が全部そうとは言いませんのでご了承を)

 

それをアフィリエイトするというのは、報酬単価が高いというメリットが大きいです。

物販などのアフィリエイトの報酬率を見ると、5%とか10%程度なのが多いですが、情報商材だと30%とか50%もザラにあります。

 

これは、販売者が個人だからだったり、原価が0だからということが言えます。

大きな会社ほど人件費やマージンが掛かるものですし、文章をまとめて無料で作れるPDFで販売するだけなので何も原価が掛かりません。

 

なので、販売者にしてみれば宣伝費やアフィリエイト費用にそれだけ高額に掛けることが難しくないのです。

 

稼ぐまでのハードルは高め

情報商材アフィリエイトだけで月100万円以上のアフィリエイターも存在しますが、

そもそも見返り(リターン)が高いものというのは、大勢が殺到する対象にもなりやすいのが世の中です。

その全員が稼げるものではないのも確かです。

理由は次のようなものが挙げられます。

 

特典の有無

情報商材アフィリエイトをしている人のサイトを見ると、ほぼ全員と言えるほどに購入者への特典が付いています。

同じ商品を同じ値段で買うわけですが、誰から買うのかで変化があるわけです。

 

アフィリエイター側にしてみれば、他の紹介者よりもずっと良い特典を購入者に付けてあげることで差別化ができるので、自分で作成したり他から入手するなどして良質なものや大量にプレゼントするようになってますね。

なので、後発組だとここで土俵に上がれずにくじけてしまうことが多いのです。

 

インサイダー情報の有無

情報商材の販売者が知り合いの場合、4/1に販売するよと聞いていたら3/1頃からサイトを仕込み始めて、その情報商材のタイトルや販売者名でGoogle検索1位になっていれば多くのアクセスが集まります。

4/1当日になったときに1位のサイトから購入されていくので、特典など無くてもバカ売れする状態が作れます。

実績のない初心者には不可能なことなので、インサイダー販売もできません。

 

ブランディング

情報商材アフィリエイトはブログだけではなくメルマガでも可能です。

すでに1万人のリストがある人ならメールを出すだけで大量に販売可能ですが、ブログもメルマガも無い状態だとそれが不可能です。

ブランディングは一朝一夕で作れるものではなく、時間とお金を掛けた結果に構築できるものです。

 

同じ情報商材を紹介しても、他に信頼できる人から買うルートを持っている人だと、見向きもされません。

情報商材は『誰から買うか』が重要視されてますので、それほどブランディングの有無で大きな差が付きます。

 

 

SEO対策で負ける

ブログやサイトで情報商材を紹介して売ることもできます。

しかし、初心者が新規で立ち上げたブログで、ある情報商材について評判や批評などの記事を書いても、その頃にはすでに多くのブログでも書かれていたり、Google検索上位にライバルたちがひしめいています。

 

ブログアフィリエイトは検索上位に上がらなければ1円にもなりません。

長く稼いでいるアフィリエイターたちは、すでに強いサイトを持っていたり、SEO対策に使える資金もあったり、知識量も豊富なので、付け焼刃の知識だけでは、まずかないません。

 

後発組が情報商材アフィリエイトで稼ぐには

初心者には難しいとは言え、絶対に稼げないわけではありません。

『DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)+情報商材アフィリエイト』なら後発組も稼げます。

DRMで集客して、教育をして、ブランディングを構築して、彼らが欲しくなるような特典を付けた情報商材をアフィリエイトすれば、可能になりますよ。

コメント