インフォプレナーが儲かる理由(情報起業で稼ぐための方法)

コンテンツ販売

水上アキトです。情報販売は圧倒的に儲かるのは知られてますがその仕組みはご存知ですか?

情報商材を売る人の中にはインフォトップなどからアフィリエイトする人もいますが

インフォプレナー(情報起業家)という存在もあります。

 

インフォプレナーとは、情報販売を作るメーカーを指します。

PDFや動画などデジタルコンテンツを作って販売するなら、
それもまたインフォプレナーとなります。

 

情報ビジネスで稼ぐやり方を初心者向けに解説
もともと情報販売とインターネットは親和性が高く、今は誰でもやり方さえ理解してしまえばノウハウを販売することもできる時代です。情報ビジネスの大きなメリットは、初期投資が掛からない点があります。

 

上記でも書いたように、インフォプレナーの商材は『稼ぐ方法』だけではないです。

スポーツ、趣味、特技、コンプレックス、など様々な分野で存在します。

 

では、インフォプレナーに適している人がどういうタイプなのか話しますね。

 

専門家レベルで知識や経験がある人

まず1つ言えるのは、他人よりも詳しいものがあることです。

これは、別に本職だったり資格の有無やプロフェッショナルである必要はありません。

むかし教室に通っていたとか、独学で学んでいても、通用します。

 

 

学習系

英語、スペイン語、イタリア語など言語を教わりたい人にとっては、
在日外国人であれば誰でも人に教えられますよね。

大学で専攻していたり、留学経験があっても可能です。

 

 

アーティスト系

マンガのアシスタントを長くやっていた人なら
趣味としてでも描き方を教わりたい若者は多いでしょう。

ピアノやギターなど音楽も同じようにできます。

 

 

悩み解決系

バストアップ、立ち仕事で腰痛持ち、ダイエット、
など身体の悩みがある人は多いです。

また恋愛で悩んでいる人はいつの時代にもたくさんいますよね。

 

メタボ対策や筋トレ指導など、自分流で知識と経験があれば
それを情報ビジネスとして確立させることは可能です。

 

 

スポーツ系

ゴルフ、テニス、登山、など上達する方法や失敗しない方法を探す人は多く
ノウハウなど教えてあげることで先生になれます。

そこからサークル活動にもできたり、仲間作りもしやすいです。

 

 

 

趣味系

麻雀、囲碁、将棋、ペットのしつけ、生け花、釣り、など
趣味で上手い人に教わりたい人の多くはお金には困っておらず
ライバルはほとんどいないので、やったもん勝ちなところがあります。

 

 

こんな風に人一倍、豊富な知識や経験があるものなら人に教えられますよね。

教わりたい人が求めるのは、上達したという結果と教えてくれる人物像を重視します。

 

ブログ上で『何となく雰囲気が良さそう』『ベテランっぽい』
というものを感じてもらえる人しか近づいてきません。

あなたが避けたい人たちは勝手に避けてくれます。

なので、あなたが好きな人ばかりを集めることも可能だということです。

 

『自分なんて全然プロじゃないし』、と謙遜してしまう人も
Googleで調べれば情報の補足はできるので
噛み砕いて自分の言葉で話すことができれば良いだけです。

実際に何人か教えていくうちにそれも経験となって、
プロのレベルまで近づけるんです。

 

リーダーシップ

情報ビジネスを順調にやっていくと、最初は5人、10人、20人、
やがては50人、100人と教え子が増えていくことになります。

そうすると、あなたはリーダー、師匠、教祖、のような立ち位置になります

 

メルマガがあれば、1通出すだけで全員に同じ内容が届くので
大勢であっても同じ方向を向かせることができます。

あなたが彼らの中の中心人物になるということです。

普段の仕事でこんなことってありますか?

なかなか無いですよね。

 

 

あなたが都合の良い日に、セミナーや対面コンサルも開催できるようになります。

みんながあなたを慕ってくれるようになります。

そこまでに自分をしっかり知ってもらえていれば敵が入ることも無いです。

 

もちろん、そこに行きつくにはそれなりのブランディングが必要です。

一朝一夕でなれるものでは無いですが、可能だということです。

 

いきなり対面できるようにまでなれというのは無理なので、
最初の目標は、ブログとメルマガだけで販売実績を5人作るところからです。

販売経験が5人いれば、同じことの繰り返しで数字は増やせるので
その後の伸びしろも期待でき、
人に見せるためのあなたの実績としても十分効果ありです。

 

人が集まっているところには、他人も興味を示して集まってきます。

バンドワゴン効果がマーケティングで絶大な理由
ビジネスの場面でどのようにバンドワゴン効果を使えるのか解説していきます。

 

その5人が10人、20人、と増えていくキッカケになります。

ここから最終的に対面で会うことにも繋がっていきます。

そのときにしっかりとリーダーシップが取れる人、取りたい人が
情報ビジネスでも向いているということです。

 

ブログとメルマガが書ける人

前提として、情報発信ができなければ情報ビジネスは成り立ちません。

情報発信として最もメジャーなのは、ブログとメルマガです。

 

資産にするという意味では、twitterは適してません。何故なら、

  • アカウント権限はtwitter側が削除できてしまう
  • 他のユーザに移りやすい

という側面があるからです。

1万フォロワーなど、いくら大勢のフォロワーがいるアカウントでも
twitter側が問題ありと感じたら、一瞬でアカウントなんて消されます。

twitterだけを資産にしようなんて考えは、浅はかです。

そして、twitterを見ているときは他の多くのユーザも見えてしまうので
目移りしやすいことで自分に集中して見てもらえないのです。

 

 

しかし、あなたのブログに訪れた人は、
どこを見てもあなたの書いた記事しか無いので、没頭してもらいやすいのです。

過去に書いた記事たちも、繰り返し読んでもらえます。

何より、WordPressで作られたブログは第三者が勝手に削除や編集はできないので
あなたが最高権限者であり、ネット上にお城を構えられるようなものなんです。

 

WordPressでアフィリエイトして稼ぐまでの流れを徹底解説!
WordPress初心者に分かりやすいようにインストールや広告の付け方など使い方全般を解説しています。

 

 

そして、メルマガは一度登録してもらえば
ずっとあなたのメールを見てもらえるということです。

たとえ、メルマガ配信スタンドがサービス終了しても
メールアドレス(リスト)自体は消えることは無いので
他のスタンドに移行すれば良いだけです。

メールアドレス(リスト)は消えることのない
あなただけの貴重な資産になります。

 

メルマガで集客から販売までの流れを解説するマーケティング講座
集客から販売まで具体的にメルマガをどう使うのか教えます。

 

 

大事なことは『需要と供給』

何でも良いから情報商材を作れば良いではありません。

必要としてくれる誰かがいないことには、
どんなに高品質な商品でも買ってもらえることは無いのです。

 

世の中は需要と供給で成り立っています。

需要が無いものは、どんなに親切丁寧に接客しても売れません。

また、価格を下げても売れません。

何故なら、最初から需要が無いからです。

 

 

需要を調べる方法としては、

  • Yahoo知恵袋
  • Googleキーワードプランナー
  • お悩み掲示板
  • サジェストキーワード

などをあらかじめ調査してみて、あなたが何を与えることができるかです。

 

需要が分かったところであなたが供給できなくては意味がありません。

なので、まずはあなたが何ができるのか? 何を与えることができるか?
を紙に書きだして、そのうえで調査した需要と照合していきます。

 

 

また、実際に読者に聞いてみるのも手っ取り早いです。

一体何が欲しいのかブログでお問い合わせに誘導したり、
メルマガ読者にアンケートを取って反応してもらうのも良いでしょう。

読者さんたちでも普通はほとんどアクションを取ってこないですが、
そんな中でもわざわざアクションを取ってくれる人と言うのは
有力な見込み客になります。

 

実際のコミュニケーションを取ることで、あなたを知ってもらえて
すぐに有料コースに申し込んでくれるケースも普通にあります。

 

インフォプレナーをするための経費は?

ネットビジネスの中でも稼げるインフォプレナーですが、
掛かる経費の少なさもあります。

 

【ブログの費用】

  • 独自ドメイン(年間1000円)
  • レンタルサーバ(月1000円)
  • WordPress(無料)

 

 

【メルマガの費用】

  • メルマガ配信スタンド(月1000~3000円程度)

 

 

【情報商材の費用】

  • PDF作成(無料)

 

 

インフォプレナーに最低限必要なものはこれくらいです。

あとは知識補充のために本を買うとかですかね。

 

初期投資、ランニングコストともに
ほとんどお金なんて掛かりませんよね。

なのに無料で作ったPDFが1つ1万円以上でも売れるんです。

つまり、情報ビジネスは利益率がとんでもなく高いということが分かりますね。

 

商品が1つでも売れれば早くも黒字です。

1つ売ることができたという状態は、
すなわち何個でも売れる状態になれたことを意味するので
無限の可能性が準備されているということです。

 

 

普通の商売でこんなことは有り得ません。

Amazonやメルカリなど、物販や転売ビジネスでは1万円の商品を売るなら
仕入れに6000円くらい掛かることもあります。

送料、手数料、保管料、なども掛かることを考えると利益は小さくなります。

 

 

飲食店などリアルビジネスだとしたら
店舗代、土地代、人件費、など数百万、数千万円レベルで初期投資が必要です。

 

なので、情報ビジネスはお金に余裕のない人でも始められるというのが
大きなメリットとしてあります。

 

まとめ

インフォプレナー(情報起業家)は上手くいけば
それだけで月200万300万と稼ぐことも可能であり
人に教えられる器量の大きさと継続してできる真剣度、
そして自分で動けるだけの行動力が必要です。

そのためには人一倍の知識や経験、そして努力も求められますが、
ネットビジネスの中でもトップクラスにあっさり稼げます。

 

 

また、アフィリエイトのように広告主やASPに依存する必要もなく
自分のペースでやれるのも大きいです。

自分で考えたように自由に動けるようにもなれます。

そんな仲間たちもできたら面白いと思いませんか?

 

そこまで分かっていても実行しない人のほうが遥かに多いです。

だから、動いた人だけがコッソリ儲けているのが現実です。

やったもん勝ちの精神で行動していったほうが賢いと思いませんか?

コメント