自由になりたい願いが叶った経験者が教える5つのシンプルな方法

コンテンツ販売

水上アキトです。仕事から解放されて自由になりたい、心が広くなるように自由になりたい、もっともっと自由になりたい、という思いを20代の頃はいつも感じていました。

今思えば、何かに不満があったというより、特に生活に余裕もなく、ごくありふれた人生で生きることに疑問は持っていたような気がします。

 

それから数年経って振り返ってみるとインターネットのおかげで生きることができていて、
自分が何をしてきたかと言えば、至ってシンプルな5つのスキルを養って継続してきただけなんだなと気付いたんです。

シンプルとは言っても、それぞれを深掘りしていけば頭は使うことですが、
普通の社会人ならすぐ理解できるようなことばかりです。

 

インターネットで自由になるために

 

新時代を自由に生きられるためには、インターネットは不可欠です。

インターネットで何のスキルがあれば良いのか5つをまとめました。

実は、学生でも主婦でもできるレベルのことばかりです。

 

必要なスキル・その1

【文章を書くテクニック】

インターネットでは文章力が全てになります。

ライティング(writing)も同義です。

 

文章を通じてブログを読んでもらう、メールを読んでもらう、SNSを見てもらう、であり
商品を買ってもらうときも文章が書けさえすれば売れるんです。

文章力と言われると、あたかも出版社経験とか小説家のように難しく聞こえるかもしれませんが
全然そんなことはなく、シンプルに読み手に伝わりさえすれば良いんです。

 

ボキャブラリーも含めて、たくさん書いていくことで自然に養われていきます。

分からない言葉はその都度調べるようになって、メキメキ上達してので安心してください。

コピーライティング
「コピーライティング」の記事一覧です。

 

 

必要なスキル・その2

【マネタイズの選択】

マネタイズとは、インターネットで無料利用をもとにして収入を得られる仕組みです。

インターネットで収益を得ている人や会社はみんな似たようなマネタイズ方法でしかなく、
種類はそんなにたくさんありません。

 

典型的なのが、ブログをたくさんの人に見てもらって広告を貼ることです。

テレビと同じイメージです。

無料で見られる代わりに、CM広告が入りますね。

テレビ局はCM収入が入るので、大勢に無料で見せることができているんです。

Youtubeで収入を得ている人たちも、全く同じ仕組みです。

 

また、誰でも無料で読めるメルマガをあなたが配信することで
メルマガ内で独自の商品を販売することもできます。

 

未経験の人は難しい印象を持ってしまうかもしれませんが、
百聞は一見に如かずで、一度やってしまえば単純なことなんだと気付けるようになります。

メルマガとブログの違いとは? 使い分けをチェック!
ブログでは訪問者にしか情報発信できませんね。偶然アクセスする人も多く、必ず再訪問される保証も無いです。そこでメルマガを使うことでどんな効果があるのか基本を解説しています。

 

 

必要なスキル・その3

【集客すること】

これもテレビと同じイメージです。CMからの収入を大きくするには視聴率が高くないといけません。

ブログの広告収入、メルマガ内での商品販売も、見てくれる人が存在しないと売れませんよね。

 

このときの集客と言うのは、メルマガ読者のほうが重要です。

ブログは池、メルマガは釣り竿、とでも考えてください。詳しくはこちらでも解説してます。

メルマガで集客から販売までの流れを解説するマーケティング講座
集客から販売まで具体的にメルマガをどう使うのか教えます。

 

 

必要なスキル・その4

【魅力的なコンテンツ】

コンテンツとは、価値ある情報やその中身を表します。

動画・映画・小説・音楽・ニュース・ゲーム・などあらゆるものがコンテンツとして人々が購入してますよね。

いずれも感動や情報を独自で作ってます。

 

いかに魅力的なコンテンツを作れる、いかに価値あるものを与えられるか、
というところにオリジナリティが出せるのが面白いところです。

情報ビジネスで稼ぐやり方を初心者向けに解説
もともと情報販売とインターネットは親和性が高く、今は誰でもやり方さえ理解してしまえばノウハウを販売することもできる時代です。情報ビジネスの大きなメリットは、初期投資が掛からない点があります。

 

 

必要なスキル・その5

【販売テクニック】

インターネットで稼いでいる人のほぼ全員が販売テクニックに長けています。

いかに安売りせず、価値を最大限活かして高く売れるかの研究が必要です。

 

  • 1万円の商品を100人に売る
  • 20万円の商品を5人に売る

とでは前者のほうが手間も苦労も多いですよね。

 

しかし、この販売テクニックも元を辿れば文章力が優れていて、的確な集客もできていて、喜ばれるコンテンツが揃っているからこそ発揮できるものです。

初対面の人にいきなり強引に売り込むようなことをしなくても、
お客さんのほうから『売ってください!』と言わせるテクニックはあるんです。

AIDMAの法則をネットビジネスで応用する方法を解説
インターネットで稼ぐために必要なAIDMAの法則を事例を用いて分かりやすく解説しています。

 

 

力は身に付けるしかない

インターネットでよく聞かれるのが『ノウハウコレクター』という言葉です。

色んなノウハウや情報を持っただけで稼げる気になってしまう状態です。

当然、稼げてないわけです。

 

ダイエットの方法を10個買っても一向に痩せないのと同じです。

自分の手で実行して、全てを経験するしか実力は身に付かないんです。

 

裏ワザ的なものはすぐにライバルも急増して、あっという間に通用しなくなります。

最初は苦労しても、それは後々楽になるための布石であり、
ズルとか近道しようとした人はだいたい崖から落ちてます。

 

不思議なことに、インターネットでの実力も反復練習の積み重ねにより、
知らないうちに筋肉が付いてくるイメージです。

サボればそれだけ落ちていきます。

間違った方向にいくとリバウンドするのと同じです。

 

 

経済的自由になること

 

インターネットで収入が入ってくるようになると、会社に行く必要が無くなります。

それまで会社のために毎日使っていた朝8時から夜20時までの時間が浮きます。

1日の大半ですよね。

 

この経済的自由になりたいという思いこそがメインなんだと思います。

お金、時間、人間関係、のストレスが無くなるからです。

 

 

【お金の自由】

労働をしてお金をもらっている時点で、収入は固定されるので自由ではありません。

たとえば家賃8万円、食費4万円、光熱費2万円、通信費1万円としても15万円の支出があるとして、収入も15万円では他に使えるお金も残りません。

これはとてもストレスになります。

 

経済的自由になると、好きなものが食べられ、高級マンションにも住めて、1ヵ月くらい海外旅行に行く、ということが可能になります。

 

 

 

【時間の自由】

労働には長時間拘束の制約がされるので自由ではありません。

出勤してから終業時間になるまでずっと職場にいなければなりませんよね。

ゲームをしたくても、日本一周をしたくても、デートしたくても、ディズニーランドに行きたくても、時間の自由が無いからお金はあってもできないわけです。

 

それが、経済的自由を持てるようになると、朝から晩まで好きなことをやってて良くなります。

誰にも怒られません。

むしろ周りから羨ましく思われるほどになれます。

 

 

 

【人間関係の自由】

職場に行くと上司、部下、同僚、取引先、の人間関係は自分の意思には反して半強制的であり、やはり自由ではありません。

愚痴を言い合う飲み会に参加したり、先輩の悪ふざけに付き合ったり、嫌なことがあっても愛想笑いで乗り切らないといけないこともあります。

人付き合いが面倒と思うときでも仕方なく参加しないと後で気まずいことも多いですね。

 

それが、経済的自由を持てるようになると自分と同じ価値観を持った者同士や、好きな人だけで集まれるので、会うことが楽しみになったり、自分で企画して集まってもらうこともできるので、遊び感覚で人付き合いができるようになります。

 

 

【あなたも投資家や経営者と並べる】

ここで言っている経済的自由とは、
労働をせず、生活費以上の収入を得られること
になります。

昔は投資家、経営者、くらいしか持てない特権でした。

一般人は全て労働者となり、経済的自由なんて夢のまた夢だったのです。

それがインターネットの普及によって、ただの一般人でも経済的自由を持てるようになったのです。

 

  • 好きなことで生きていく
  • 経済的自由になれる
  • 社長たちと同じような暮らしができる

ということが実現できるようになったのは、全てインターネットのおかげです。

このサイトにはそういう内容がたくさん盛り込まれているので、ゆっくりしていってくださいね。

今の人生、今の職場は充実してますか?


人生を心から楽しむには、生活の80%の時間を費やしている仕事が充実できてないと困難ですよね。 給料を上げる、残業が無い職場、ホワイト企業、を望む方は最新の求人情報をチェックするのをオススメしています。 (ご利用は全て無料です。)




レバテックキャリア(高年収&安定にこだわるなら)

運営会社 レバレジーズ株式会社
種類 若者向け就職エージェント
年齢 20~39歳 男女
職歴 IT経験者
対象地域 関東地方、関西地方
費用 無料
特徴 条件の交渉代行、経歴書の添削、模擬面談、社風や採用ポイントなど、
さらに高みを目指したい人のためのフルサポート体制が整っている。

レバテックキャリアは、ITエンジニアやクリエイターとして若いうちから稼いでいきたい人に選ばれている人気エージェントです。
紹介先はYahoo、DMM、バンダイ、ガンホーなど国内の大手IT企業も多数!
これまで10万人以上を内定に繋げてきた実績とノウハウは使ってみた人にしか分かりませんよ。

↓ ↓ ↓
IT/Webエンジニアの転職
【レバテックキャリア】はこちら





東京しごとセンター(30代から正社員を目指すなら)

運営会社 東京都営
種類 ミドルコーナー
年齢 30~44歳 男女
職歴 正社員未経験でもOK
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、山梨
費用 無料
特徴 自分に合った仕事を見つけたい、面接が苦手、未経験が不安、
など20代で大きな自信を持てなかった人でも
安定企業での正社員雇用を希望している方のための無料サービス。

東京しごとセンターは東京都が運営している職業紹介所です。
スタッフが求人企業に足を運んで実際に見て判断されていますし、
集団で合同説明会や専用ブースでの企業面接もあるので、書類選考なしで進むことも可能です。

また、1日5000円がもらえる就活支援金制度も多くの人が利用しています。

↓ ↓ ↓
30代からの正社員就職応援プロジェクト
【東京しごとセンター】はこちらから





マイナビエージェント(信頼性の高い求人ブランド)

運営会社 株式会社マイナビ
種類 若者向け就職エージェント
年齢 20~39歳 男女
職歴 正社員の転職向け
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫
費用 無料
特徴 IT業界、金融業界、不動産業界、製造メーカーなど
これまでの経験を活かしたキャリアアップに適している。
大手企業の求人が多く目立つのはマイナビブランドによるものか。

マイナビエージェントは、専門のアドバイザーが全面サポートしてくれます。
各々が大企業にもパイプを持つため採用者の傾向を熟知し、
非公開求人が基本スタイルなのでライバルと競わずに内定まで進みやすいのです。

また、求人応募や面接スケジュールなど全て代行してもらえるので忙しい人でも使いやすいと評判です。

↓ ↓ ↓
関東関西・首都圏の求人多数。
マイナビの人材紹介サービス
【マイナビエージェント】はこちら





Tech Boost(最新のITスキルを学べる)

運営会社 株式会社 Branding Engineer
種類 プログラミングスクール
年齢 18~39歳 男女
職歴 ほとんどが未経験
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉
費用 カウンセリングは無料
特徴 AIやIoT、ブロックチェーンなど
これからのIT業界で必須となる最先端技術を学べる。
卒業後に勤める会社まで紹介を受けられる。

Tech Boostは、全くの未経験からでも即戦力になれるITスキルを学べるスクールです。
普通はIT企業に就職しても開発経験が無ければお荷物になりがちですが、3か月の集中講座で
Ruby、Ruby on Rails、PHP/Laravel、データベースなどトレンドのIT技術を習得できます。

また、学習だけして終わりではなく、就職先の紹介まで受けられるのは大きな特徴です。

↓ ↓ ↓
AIやIoT、ブロックチェーンなどを学べる
【Tech Boost】はこちら





TokyoDive(上京したい人に仕事と部屋を同時提供)

運営会社 株式会社ダイブ
種類 上京支援サービス
年齢 18歳以上 男女
職歴 不問
対象地域 全国から東京へ
費用 案件による
特徴 地方から東京生活を始めるために必要になる
仕事と部屋探しを代行してくれる。
3ヵ月だけの体験上京もあり。
仕事は未経験歓迎な職種も多数。

TokyoDiveは、地方から東京に出ていきたい人のために仕事と部屋をセットで提供してくれるサービスです。
通常は、地方在住だと東京で仕事を探すにしても面接にも交通費が掛かり、
部屋を探すだけでも多すぎて迷い、それらを自力で同時に行うのはかなりの労力です。


しかし、TokyoDiveなら先に部屋が決まるので仕事先の面接にも簡単に行けます。

スキル無しでも未経験で気軽に始められる職種も多く、
部屋はワンルームから無料で住めるシェアハウスもあり、
そのままずっと何年も東京で暮らしている人もたくさんいます。

↓ ↓ ↓
田舎にいながら東京の仕事と部屋が見つかる
【TokyoDive(トーキョーダイブ)】はこちら





コメント