人生がつまらない人が性格を変えるための3か条

ライフ

水上アキトです。仕事の悩みによるものや私生活が充実していないときというのは

  • 毎日が退屈だ
  • つまらない人生だ
  • 趣味が無い
  • 自分が嫌いで情けない
  • お金も無くて遊べない
  • やりたいことが無い
  • あいつばかりいつも楽しそうだ

などと感じてしまうこともありますよね。

 

これは、20代30代こそ多くの人が感じているようです。

40代以上だともう人生に諦めてそうなところですが、
20代のうちから人生がつまらないのは、
自分が思っていた理想像になかなか現実が重ならないからですね。

 

 

大人になると仕事と自宅の往復だけで1日が終わるので、
特にそれを感じるようです。

限られたわずかな時間に使えるお金もわずかだと、
ますます充実感は失ったままですね。

 

 

人によって個人差があります。

仕事は充実していても恋人がいないせいで悩む人もいれば、
恋人はいても別のところで自己嫌悪に陥ってる人もいれば、
仕事もプライベートも充実してるのに、将来が不安で落ち着かない人もいます。

 

 

人間の日々の暮らしは、毎日が同じように時間が過ぎていくだけであり、
何もせずに誰かが何とかしてくれることもそうそう無いですよね。

みんな自分のことだけで精一杯なので、他人に構ってあげられる余裕も無いのです。

 

なので、何かのキッカケやタイミングで変化や刺激を持たなければならないのです。

そういうときは、いっそのこと
自分の性格や習慣を変えてしまうくらいの気持ちが無いと一向に切り開けません。

 

では、どうやって性格や習慣を変えることができるのかアドバイスを3つしていきます。

 

人生を変える方法・その1

【失うことは怖いことではない】

変化には、得るものもあれば失うものも伴います。

人間は臆病であり、欲張りなので、得ることしか求めません。

しかし、そうそう自分に都合よくプラスばかりにもならないのですが、
新たなプラスを得る見返りにマイナスも受け入れる器が無ければ
いつまで経ってもプラスは得られません。

 

プラスもマイナスも拒否するのであれば、
今のつまらないままの日々を送るしかありません。

 

 

そもそも、失うことって何がイヤなのでしょうか?

何が怖いんですか?

 

人間関係で言えば、高校、大学、社会人、昇進、と進むに従って、
友人関係には変化がありますね。

それまでの友人とは疎遠になっても新たな友人たちと知り合い
より楽しい時間を過ごすこともありますよね。

疎遠になるのは失うことですが、その見返りに楽しく過ごせる今の友人がいますよね?

 

 

仕事は失っても死ぬほどじゃありません。

今どきたくさんの仕事があります。

 

体力は失っても運動して補うことはできます。

命や家族を失うなんて話は本末転倒です。

年を重ねるほど、普通に生きていてもどんどん失うものは増えていきます。

 

なので、失うってことはそれほど怖いものでも無いってことです。

 

敢えていうなら、物体よりも
何もしないで『時間』を失うことのほうが怖いことです。

 

人生を変える方法・その2

【新たな人と出会うこと】

言うまでもなく、人生というのは人との出会いで大きく生き方が変化できます。

『●●先生のおかげで人生が変わった』

『●●ちゃんと知り合ったおかげで毎日が楽しくなった』

というのはよくありますよね。

 

もちろん知り合う相手を間違ってしまうとマイナスになることもありますが、
それを回避してプラスになる人たちと出会うことができれば
これは大きなチャンスにもなります。

新しく知り合う人たちは、あなたの性格も知りませんから
新たな自分を作り上げることも難しいことではないんですね。

 

 

『現在の友人たちが元凶かも』

地元の友達や、会社の同僚くらいしか会話しないという人も多いですよね。

でも、それってとても損しています。

あなたの人生がつまらないと感じさせる原因がそこにあるからです。

毎日同じことの繰り返しの原因もそこですね。

 

同じ環境にしかいない人たちなんですから、話のネタもずっと同じです。

刺激的な話が舞い込むわけもありません。

 

同じ人付き合いしかしてないんですから、
『マンネリ』『馴れ合い』が起こってしまっているんです。

そこから出てくる話題は、グチだったり、悪口だけだともう末期症状です。

 

 

もちろん、新しい人と出会うことは結構勇気がいることです。

自分と性格が合う人ばかりとは限りません。

趣味も違うかもしれませんし、話のネタが無いかもしれません。

 

でも、その一歩があなたの人生を変えてくれる一歩になる可能性も秘めているんです。

話が合わない人とは無理して合わせなくて良いですし、
何か共通するコミュニティみたいのを自分で作ってしまうという方法もあります。

 

人生を変える方法・その3

【自分みたいな人たちを救う側に回る】

余談ですが、私は学生時代に医者になりたいと思っていたことがありました。

まぁ、実力的にハードルが高すぎて無理でしたが、
どこかで人助けができる仕事はしたいと思っていたのかもしれません。

 

 

さて、これは特にですが『コンプレックスを抱えて悩んでいた人』は、
自分の他にも同じような悩みを持つケースも多いでしょう。

長年苦しんできたことならノウハウも蓄積されているはずです。

 

それを情報発信することで、同じような人たちを救ってあげるほうになるんです。

 

 

そこには新たな出会いも生まれますし、あなたは教える側なので
少し優位な立ち位置でコミュニケーションが取れるということです。

あなたが悩んできたことは、同じように悩む人も全国にはきっと大勢いるんです。

彼らのためになる情報をPDFや動画にまとめれば買う人も出てきます。

 

解決できるなら少しのお金を払っても良い、と思っている人も少なくなく
あなたにはお金が集まってきます。

例えば、1人3000円でも100人いれば30万円の収入になります。

1万円なら30人でも30万円ですね。

 

これによってあなたには経済的余裕が生まれて、
もっと情報発信に力を入れることができるようになります。

自分が詳しいことで社会貢献や人助けができて、かつ収入にもなるので、
これが生きがいにもできます。

充実した人生だったと悔いなく全うしたいですよね。

 

 

『情報発信は自分も変えられる』

  • 悩みの原因はどこにあったのか?
  • 何をキッカケに立ち直れたのか?
  • 伝わりやすくするにはどうすれば良いのか?
  • もっと多くの人を救ってあげるにはどうするのか?

などを真剣に考えるようになり、そこに時間を費やすようになるので
余計な雑念やつまらないことを考えなくなり、自分の性格や習慣も変わってきます。

 

待ちや受け身になるのではなく、進んで能動的になることをするので
自然に変わっていくんです。

 

そのために今までの周りの付き合いを失うことはあるかもしれませんが、
現状を変えるためのステップですから、そこは割り切れるかどうかということです。

 

 

 

ここから得られる結果を、ちょっと想像してみてください。

 

・救ってあげた人たちからは『本当にありがとうございます。』と感謝の声が届きます。

・『先生』『師匠』など仰がれるようにもなります。

・外食や旅行など、個人的な出会いや付き合いもできるようになります。

・コミュニティとして自分を慕ってくれるグループもできます。

・彼らにもっとよく見せようと考えるので、ますます性格も習慣も変化していきます。

・やがて、昔はあんなにネガティブでひがんでいた性格が、
みんなに素直に向き合えるようになったと自分自身が驚くような変貌も可能です。

 

 

今まで仕事にしてきたもので、そんな経験ありましたか?

会社に対してお礼を言われたことはあっても、
あなた自身の行動や言動に直接感謝されることなんて滅多にないことです。

今まで感じたことのない、例えようのない感動を味わう体験もできます。

 

これが、いわゆる情報ビジネスです。

情報ビジネスで稼ぐやり方を初心者向けに解説
もともと情報販売とインターネットは親和性が高く、今は誰でもやり方さえ理解してしまえばノウハウを販売することもできる時代です。情報ビジネスの大きなメリットは、初期投資が掛からない点があります。

 

 

まとめ

人生がつまらないと感じている人は、
どこかでキッカケが必要です。

本来はどんな風に行きたかったのか、どうすれば今を変えられるのか、
というのは自分で行動していかないと変わることはありません。

誰かが何とかしてくれるのを待っていては一向に変化することはできません。

 

会社の言いなり、友人の言いなり、家族の言いなり、
だったせいで今のあなたがいるということは、
それまでとは違う習慣を持たないと一生変わることはないかもしれませんよ。

コメント