高学歴でも稼げない人に足りない5つの要因を解説

ライフ

水上アキトです。先日、慶応出身のYさんと話していたときに出た話題なのですが、
昔は学歴イコール将来が約束されていた時代もあったかもしれませんが
現代ではどんなに高学歴でも低収入のまま稼げない人も増えています。

  • 本当はこんなはずじゃなかった
  • もっと稼げる人間だったはず
  • いつの間にか周りと差がついていた

のような目に遭っている人がもがき苦しむ姿も珍しくないんです。

Yさんの友人のNちゃんという子は、
慶応まで出たのに3年後にキャバクラ嬢になっていた
というのを聞いてまた驚いた記憶があります。

 

高学歴だからと言って保証がある時代なんかじゃとても無いということです。

その中でも、インターネットで月500万1000万と稼いでいる人には
高学歴な人のほうがやはり多いような印象を持っています。

今回はちょっとその辺にスポットを当てて話していきます。

 

頭が良いだけでは無かった

高学歴で稼いでいる人の特徴を見ると、
もちろん地頭が良いからというのも0では無いです。

頭が良い人なのかどうかというのは、
素振り、ボキャブラリー、などからも醸しだしています。

 

 

普通の人が10言われて理解することを3くらいで理解できるなら
時間を大幅に短縮できますし、効率も良いでしょう。

記憶力も良いなら何度も読み返す必要も無くなりますし、
先の手を読むことも難しくないので、質疑応答がスムーズにもなります。

 

時間というのは全員が同じだけ持てる有限のものです。

稼いでいる人を見ていると、行動力がズバ抜けているんですよね。

人が寝ている時間に一歩先を行くために動くことを優先しているんです。

行動力のない人が高めるための方法とは?
成功するために必要な行動力についてまとめています。

 

 

今やれることを明日に回したりしないのかなと。

『明日やろうはバカヤロー』みたいな精神が元々あるのではないかと感じます。

 

行動を起こすというのは、とてもしんどいことです。

コツコツ何かを作ることも結果がすぐ見えないものを育てるのも面倒なことばかりです。

泥臭い作業の繰り返しだってあります。

 

でも、それを乗り越えればこういう結果が導かれる
というイメージが最初に出来ているからこそ彼らは稼げるようになれたのです。

稼げない人は、そのイメージが頭にできないから行動もできず、
結果的に稼げないんです。

 

 

ドンっと構えて大して何もしてなさそうなのにお金を持っている人というのは、
少なからずみんなそんなところがあるものです。

仕組みを作れば後々そういう楽になれてる自分を描けていたからです。

そんなコツコツしたことが何故できるのかというのは、次が基になっているのでしょう。

 

忍耐力は学生時代からの延長

高学歴で独立して好きなだけ稼げている人の特徴として、
行動力の元になる忍耐力を持っている人だからなんだと言えます。

それは学生時代からそういう体に慣れているんです。

周りに影響されず、自分の意思で勉強する習慣がある人は、
それが当たり前の光景であり
特に苦を感じるようなことがなく、全て成長に繋がるものと考えています。

 

 

人よりも上になるためには、人よりも努力しなければならず、
人よりも物知りで賢いことに優越感を持てるので隠れた努力も惜しみません。

教科書に書いてあることの大半は将来の仕事に直結しないのに
それを勉強することが面倒だとか嫌だとは思わないんです。

普通の中学生高校生ならゲームや部活や恋愛などで時間を費やすことのほうが楽しく、
それらだけを優先していたとなると差がどんどん開かれるのは自明の理です。

 

 

高学歴な人というのは、元々賢いから遊んでいても勉強ができる人もいますが
多くはコツコツ勉強してきた努力型です。

イチローだって天才型ではなく、努力型だと言ってます。

天才型ほど怠けて将来堕ちていくものだったりします。

 

ここまで見てきただけでも稼げている人に備わっているのは、
行動力と忍耐力があるからだと言えます。

 

思考力によって具現化する

行動力を使って他人がやらないような行動ができる、

忍耐力を使ってコツコツ長時間の作業ができる、

そして次に来るのが思考力です。

 

アメリカの有名な哲学者ナポレオン・ヒルが提唱した
『思考は現実化する』
をご存知だと思いますが、やりたいことや夢を叶えるには
いつもそういう思考であることが重要です。

頭の中にあるイメージをリアル社会で具現化できてこそ
初めて成功者と言えます。

 

 

思考力を持っていると、あらゆることに疑問を持つことが起こります。

『なぜテレビは四角形なのか?』

『なぜ飛行機は飛べるのか?』

『なぜ食べた直後の逆立ちでも胃は逆流しないのか?』

など、日常の些細な出来事に疑問を持ちます。

 

人が言うことを鵜呑みにせず、それが何故正しいのか
論理的に考える習慣も生まれます。ロジカルシンキングです。

その回答を考える中で自然とボキャブラリーも豊かになっていき、
小さな発想が種となって発明やアイディアが浮かびやすくなるのです。

 

 

さらには仮説を立てることができるようになり、
それに対して何をするのが最良の道なのか考えることで
具現化に一歩ずつ近づいていきます。

なので、少しでも無駄を省くため効率的に時間を使うことが当たり前になっていきます。

 

そして、俯瞰して見ることができるようになって
さらに客観的視野は広がり、新たな疑問が生じて仮説を立てていき、
また具現化がより良いものに成長させられるのです。

腕立て伏せ、反復運動、100mダッシュ、のように脳を訓練していくのです。

 

高学歴だからと言ってみんなが最初から思考力を持っているわけではありません。

思考力は、筋肉と同じなんです。

鍛えられるんです。

そうしていくうちにやがて他人から憧れの対象だったり尊敬の眼差しも付いてきます。

 

ここまで行動力・忍耐力・思考力と来ました。
最後はこれです。

 

失敗力が自信と深みを増幅させる

高学歴だからと言って全てが100%成功する人間なんて存在しません。

成功している人ほど失敗の経験も豊富です。

だから成功できたんです。

 

アメリカの外資系企業に勤めていた方に聞いた話でもあるのですが、
失敗力というのが日本でも注目されているようです。

小さな成功よりも、大きな失敗を経験した人のほうが評価されるというものです。

 

そもそも、『失敗は成功の元』と昔からあるように
人間は失敗から物事を学んでいきますよね。

大きな失敗をして本当の挫折を味わった人は、そのまま堕ちていくか
V字回復をするかになります。

有名人でもその多くが過去の失敗談をネタに笑えるような話で語っていたりします。

 

つまり、高学歴な人ほどプライドが高く、すぐ諦めない粘りと、持ち前の地頭によって、
屈辱的な場面で火事場のバカ力が人一倍動いて物凄いバネとなり、
失敗力により自信と深みが増し、
より魅力的な人間に成長できる可能性を秘めているのです。

 

先に楽をしようとする人は稼げない

極端な例を出すと、高学歴で稼げている人というのは、
夏休みの宿題を初日に片づけてしまうか、最終日にやり始めるか、
でも違ってきます。

もし、最終日に後回ししていたせいで当日突然の腹痛に苦しむことになったら
宿題なんて何もできずに新学期に入ることになります。

どのみち避けることのできない障害があるのだとしたら
先に片づけておくことで万が一のイレギュラーも回避できるようになります。

 

稼げている人というのは、若いうちからチャレンジの連続です。

世の中には50歳60歳から事業で大成した人もいなくはないですが、
インターネットで月500万1000万稼いでいる人たちは
だいたい20代30代ばかりです。

 

面倒や手間になることを後回しにせず、
先に取り組んだから、何度も失敗もできて経験が培われ、
思考力もトレーニングが積めて
成功まで最短で上り詰めることができたわけです。

稼げる仕組みが若いうちにできてしまえば、何もせずとも収入は入るようになり
40代50代にリタイヤして1日中子供と遊んだり、自由に海外旅行できたりするのです。

 

つまり、先に苦を選択した人のほうが成功への道は近づけるということです。

 

まとめ

思いついたときに決断できる行動力

泥臭いこともコツコツできる忍耐力

脳のイメージを具現化できる思考力

経験から自信と深みを増せる失敗力

そして、苦しみを先に選べる力の5つによって大金をも稼げるようになるのです。

 

言い換えれば、これは高学歴では無い人が
稼げている人に近づけるための要因にもできるということです。

学歴が無くても稼げる可能性を秘めているのがインターネットであり、
学歴が無くても稼げている人たちはみんなやってきた結果稼げるようになってます。

 

 

高学歴なのに職種選びを誤ったと後悔していた人でも稼げますし、
新卒で入るべき会社選びを誤ったと言っていた人でも稼げるようになってます。

 

忙しい仕事なのに給料は増えないと悔しい思いをしている人だって希望はありますし、
女性は未だに下に見られることで出世させてもらえなかったと言っていた人も
やはり元々が優秀だったこともあって自分でそのときの10倍稼げるようになってます。

 

今後、AI(人工知能)の普及も猛スピードで各業界に進行していくので
仕事自体が無くなったなんていう人が急増すると見込まれてます。

そのときに動いたのではもう手遅れで、
少しでも若いうちにインターネットで稼ぐ方法を経験して身に付けておかないと
取り返しのつかないことになることも十分考えられます。

 

そのときに、本当に賢い人だったかどうかが下されるわけです。

くれぐれもいつかやろうなんて後回しにせずに、前向きに考えてみましょう。

ではでは。

 

コメント