PPCアフィリエイトで稼げないまま爆死した話

アフィリエイト

水上アキトです。私が数年前、まだアフィリエイト1年目のころに
PPCアフィリエイトにも挑戦したことがあります。

PPCアフィリエイトとは、YahooやGoogleに広告費を払って集客するものを指します。

通常ならお金の掛からないSEO対策をして検索上位に上げることで
アクセスを集めるわけですが、
PPCアフィリエイトではお金でアクセスを買うということになり、
これだけで月100万円以上稼いでいる専業アフィリエイターも多いのです。

 

しかし、私は上手くいかず50万円くらいマイナスで終わった記憶があるので
軽はずみにやらないほうが良いよという意味も込めて
そのときのことも最後に失敗例として書いていきます。

 

PPCアフィリエイトの基本

YahooやGoogleで検索すると、関連したページがズラリと並ぶわけですが、
その一番上や一番下などに下図のような『広告』の文字が入っているページがあります。

これがお金を払ったPPC広告によるページになります。

Googleのアカウント&クレジットカードさえあれば良いので、
一般の個人でも利用できます。

 

 

SEO対策でどんなに検索1位になろうとも、PPC広告はその上にページを置けるので
アクセスは集中しやすいということです。

キーワードやライバルの量によって料金は変わります。

 

それでも一般企業からしてみればテレビCMや新聞広告に出そうとすると
数百万円以上かかることなので、それに比べて遥かに安価に広告が出せます。

 

PPC広告に使うサイトは、作って1日のサイトでも検索1位に上げることができるため
SEO対策のスキルも不要で、収益化に時間も掛からないのがメリットです。

 

掛かる料金をシミュレーション

たとえば、1クリック50円と仮定して、10クリックされれば500円が広告費になり
クレジットカード引き落としがされます。

500円で集めたのは10クリック、つまり10人が自分のサイトを見て
そこにあるアフィリエイト広告に誘導することで
1件3000円報酬であれば10人中1人が成約すれば3000円がASPから貰えます。

つまり、3000円(報酬)ー 500円(PPC広告費)= 2500円が利益ということです。

 

1つだけのビッグキーワードほどクリック単価は高くなるので
2つ3つなど複数キーワードで細分化すれば広告費を抑えることができます。

その中から安いクリック単価で、成約率の高いキーワードだけを残していきます。

これらは一度設定すれば、後は何もすることが無くなります。

 

出ていくお金と入ってくるお金の数値だけを微調整するだけの作業になります。

どこか株の運用に似たイメージになります。

 

タイトル、文章がすべて

通常のアフィリエイトと同じようにPPCもアクセスを誘導するのは
タイトルと説明文しかありません。

これだけでいかに人を惹きつけられるかに掛かっているのです。

SEOのブログならお金が掛からないのでまだ良いですが、
PPCだとお金が日々掛かってきます。

ここで文章が上手くかけていないページを出しても無駄になりやすいので
まずタイトルの書き方だけは事前に知っておきましょう。

関連記事

大量アクセスを集められる『タイトル書き方』
ブログやメールで大量アクセスや読者を集められるようになる8つのタイトル書き方を解説します。

 

PPCアフィリエイトのやり方

まずはASPに登録して自分だけの広告タグを取得していくところから始まります。

ASPは、A8.net、アクセストレード、レントラックスなどのことです。

登録も利用も無料です。

SEO対策のブログで稼げている人はその広告をそのまま使えば良いです。

 

広告の選び方

報酬、承認率が高い案件だけをピックアップしましょう。

1件あたり3000円、5000円、10000円などの広告が好ましいです。

500円程度の報酬では割が合わなくなります。

 

ページの作り方

これはSEOブログとは異なり、昔ながらの1枚だけのペラページになります。

スクロールで下に見てもらえるので、離脱率も下げやすくなります。

広告を掛けて開いてもらえるのは1枚のページだけなので、
そのページに全ての詰め込んで訪問者が成約してくれるように
話を作ってASP広告を配置します。

 

ページを開いてもらうこと自体にお金をかけているのに
簡単に離脱されてしまうようなページだとお金を捨てただけになります。

報酬発生を考えるよりも、
まずはページをじっくり読んでもらえる作りになっているかが重要です。

 

自分の仕掛けたいキーワードで出てくるPPC広告のページを見れば
どのように離脱させずに、どのような文章で書かれているか
参考にしながら慣れていきましょう。

 

広告出稿を始める

ASPで売りたい広告を決めて、ページも作ったら、
広告を出稿することになります。

GoogleもYahooも最初に審査があるので、時間があるときにやっておきましょう。

料金はどちらもページがクリックされたときしか請求されません。

 

注意点として、どんな広告も出せるわけではなく、
出せない広告や禁止事項もそれぞれあるので、事前にチェックしておきましょう。

 

利益になっているかを見る

PPCアフィリエイトにおいて、最も重要なことが
ちゃんと利益が出ているかどうかです。

3000円の報酬を得るために、クリックが多くて成約が少ないと損します。

1クリック50円が100クリックで5000円です。

3000円が最低2件は成約が取れないと赤字ですよね。

そもそも、100クリックで成約2件ではあまり売れる広告とは言えません。

広告が悪いか、もしくはページ内の誘導がイマイチなのかとなってきます。

 

また、報酬が高い案件を使っていても、発生はするものの確定しないうちは
却下されたりキャンセルされる可能性を秘めています。

お金が入るはずだったのにと運用を誤ると引き落としばかり続くことになります。

 

最初から上手くまわることなんて無いので、
メンテナンスしながら微調整を繰り返します。

2種類の広告を試してみる、2種類のページで試してみる、など
ABテストをしながら何が損失になっていて何が大きな利益になるのか
自分の目で確かめていきます。

その感覚が身について来れば稼げる広告だけを残すことで利益も増えていきます。

 

ライバルとの戦い

PPCアフィリエイトでは、キーワードの取り合いになります。

SEOアフィリエイトよりも熾烈です。

先月まで1クリック30円だったキーワードが、
いつの間にか高騰して200円になっていたなんてケースも普通です。

 

30円なら100クリックでも3000円で済むのに
200円なら2万円になってしまいます。

仮に報酬が5000円ならその金額は絶対変わらないので、
獲得件数を増やすしかなくなります。

 

これはキーワードがオークション形式であり、
自分より高いお金が払える人のほうが検索1位に上げてもらえる仕組みだからです。

自分だけのお宝キーワードだと思っていたものでも、
誰かに発見されてしまうと途端に同業者が群がるので、
人気キーワードはどんどん高騰していくのです。

 

PPC広告の出稿は、誰でも即日で出せるメリットが裏目に出てしまうのです。

これが参入ハードルが低いビジネスの掟です。

自分が簡単にできることは他人も同じようにできてしまうということです。

 

なので、対策としては

  • 利益が出るものだけを残す
  • 損切りも重要
  • 資産になる新規ページをどんどん作る

などを行って立ち止まらない姿勢が必要だということです。

これはどんなビジネスでも言えることですね。

 

関連記事

俯瞰とズラシでアフィリエイトをする手法を解説
普通の人には気付かれないブログ作りとアフィリエイト戦略を解説しています。

 

私のPPCアフィリエイト失敗談

ここからは余談になりますが、まだ私がアフィリエイト歴1年目だったころに、
Adsense収入がまとまって入っていたこともあり私もPPCに挑戦したことがあります。

結果的にはマイナス50万円くらいでフィニッシュとなりました。

同じように失敗する人を出さないように、そのときの経緯を少し話します。

 

商標でサイトを作る

PPCアフィリエイトで稼げる王道というのが、
商標を用いてドメインやタイトルにするものです。

これが一時期とても流行りました。

 

新商品というのは、まだ本家サイトも充実してなかったり
他にライバルがいないことが多いのです。

そこに作り込んだページをPPCで検索1位にすると
次々にアクセスが舞い込みます。

 

デメリットとして、ライバルはあっという間に急増したり、
広告主によっては最初は不問だったものでも商標NGに追加してきます。

商標NGになったものはお客さんの成約がされても
ノーカウント扱いになってしまい、報酬が却下されることもあります。

発生だけは20件50件とバカバカされても、
それが全て却下されるというのは精神的ダメージは計り知れません。

 

結果的に広告出稿した分だけクレジット引き落としがされ
1円も入ってこない目に遭うわけです。

商標を扱うというのは、そもそも権利問題があるので
赤の他人が用いるというのは完全ブラックだったりするんですよね。

 

地域量産ページでホテル誘導

地域やお店などの情報を大量に作れるツールで
ホテル予約サイトをPPCで出稿したときでした。

数万ページに広告リンクを貼っていたので、
ホテル名や地域名でGoogle検索された人向けに出しており、
お金の掛からないSEOアフィリエイトではちょこちょこ稼げていました。

 

これをPPCでもやったところ、
確かに全国あちこちのホテル予約がされて報酬がバカバカ上がるのですが
出稿キーワードも膨大だったことがあり、
1アカウントで出せるキーワード量を圧迫していました。

他の新規サイトが追加できなくなり、アカウントそのものを3つ持ったほどです。

 

というか、そこまでしておいても、大して利益は無かったのです。

1キーワードは「東京 新橋 ホテル」みたいに3つ4つなど複数キーワードなので
クリックあたり3円とか5円しか掛かってませんでしたが、
これが1万ページなので5万円です。

ホテル予約案件の報酬は300円とかでした。

200件の成約でやっとチャラレベルです。

 

『たくさん売れてる!』と言うのは錯覚だということに気付きだします。

翌月同じくらいの請求書が来るのでは何をやってるのか分かりません。

 

しかも、ライバルも増えていたころだったのでキーワード単価も上がっていき
この先もやるにはあまり割に合わないと思うようになり、
この状況にもちょっと引いてしまい、全部取りやめましたね。

 

ファッション通販系サイト

これは一瞬作ってすぐ辞めた通販などのサイトです。

季節の変わり目に最新ファッションのデータをアップしていたのですが
PPC広告にはまるで向いてません。

常に最新データに更新し続けることが困難だからです。

さらに衣類は春夏秋冬で変わるので、その都度広告を差し替えるとか無理です。

 

そして、何よりもファッション通販系は報酬が低すぎるのです。

アパレル業界が低価格路線なのは知ってますよね。

ワンピースが1つ2000円とかで販売されてますが、アフィリエイト報酬率は
せいぜい3%とか5%です。

報酬100円ですよ。

 

というか、ファッションのみならず細かな物販系アフィリエイトは
報酬が低いものが多いです。

こんなレベルの低いアフィリエイトは絶対に止めましょう。

最初に報酬額をしっかり確認することが必須です。

 

ライバルが1人もいないのは逆に怖い

これは、どのジャンルがということでもなく、
自分が仕掛けた広告でライバルが誰もいないものというのは
一見すると『独占』『一人勝ち』と思いそうなものですが、
基本的に競争社会なので誰か先駆者がいたりするはずです。

 

これがSEOアフィリエイトならお金が掛からないだけまだ良いですが、
PPCアフィリエイトで他に誰もやってないことというのは、裏を返せば

  • 実はグレーな手法だった
  • 禁止対象だった
  • 全く稼げない

のどれかだったりします。

そんな上手い話はそうそう無いということです。

稼げる話は絶対に誰かがどこかで嗅ぎつけてくるものなので、
他に誰もいないことが数か月続くようなときは
『諸刃の剣』でもあることを考えたほうがいいです。

 

定番の引越しサイト

PPCアフィリエイトをやってる人の中では定番なのが
無料登録で報酬が貰えるタイプの広告です。

比較サイトとか査定サイトというのは、お客さんがお金を払わずに済むので
気軽に登録されやすいのです。

これはホテル予約サイトよりも利益はありましたね。

 

定番すぎてライバルも多くて、キーワード追求がしんどくなって辞めただけですが
まぁ稼げる部類に入りますね。

 

高単価の看護師求人でチャレンジ

アフィリエイトの中でも高額単価で知られるのが

  • 看護師求人
  • 薬剤師求人
  • 医者求人

などです。

医療系は1件成約で2万円近くもらえるという報酬の高さが魅力的であり、
これもSEOアフィリエイトで未だに報酬がもらえています。

 

これをPPCアフィリエイトでも実践したときのことです。

当然の話ではありますが、まず本家の広告主たちがズラッと上位を陣取っています。

キーワードを絞っていっても今度は同業のライバルがかなり多いことで
1クリックあたりの単価が高いのです。

キーワードによっては500円とか1000円みたいなこともあります。

 

自分のページがたった1回開かれただけで1000円を失うということです。

20人中1人が成約してくれないと、もう赤字まっしぐらです。

下手したら同業者がイタズラでクリックするなんてこともあるんじゃないかと思うほどです。

 

当時も、確かに成約はされるものの、月によってムラがありました。

医療系で転職希望者を説得させるには、
かなり専門用語や知識が求められます。

それなりに充実したページであることが必要であり、
それと併せて日々キーワードの精査やチェックを怠れないしんどさがあります。

結局思ったほどの利益にはなってくれず
あまり楽しいとも感じなくなり、PPCから撤退することになりました。

 

まとめ

ということで、PPCアフィリエイトのことが少しでも伝わったかなと思います。

稼ぎたいのに何故お金を失ってるんだ!?となる可能性もあるんですね。

PPCアフィリエイトは儲かるからと言って
軽はずみに取組むようなものではないということです。

 

サラリーマンや専業主婦さんが副業でやるにしても
20万30万の利益にするにはそれなりの資金力も求められます。

PPCアフィリエイトで月100万円稼いでいるPPC専業アフィリエイターに聞くと
報酬が300万円、広告費200万円で、計100万円の利益、
みたいなことが普通にあるようです。

 

実際にPPCをやってる人はそれ一本で絞らずに
自分のノウハウをコンテンツ販売していくことを勧めます。

PPCをやってない人でも、自分でブログを書いて
得意なことをコンテンツで売ることのほうが
お金が減ることを考えなくて済みますし、やってて楽しいと思います。

 

コンテンツビジネスなら
PPCアフィリエイトのように経費が掛からず、ほぼ0円でもできますからね。

あなただけのコンテンツであれば広告主なんかに左右されることも無いですし、
あなた自身で値段を付けて、稼ぎたいときだけ働くスタイルが作れます。

ライバルもあまり関係なくなります。

こっちのほうが本当の自由が手に入ると思いませんか?

ではでは。

今の人生、今の職場は充実してますか?


人生を心から楽しむには、生活の80%の時間を費やしている仕事が充実できてないと困難ですよね。 給料を上げる、残業が無い職場、ホワイト企業、を望む方は最新の求人情報をチェックするのをオススメしています。 (ご利用は全て無料です。)




レバテックキャリア(高年収&安定にこだわるなら)

運営会社 レバレジーズ株式会社
種類 若者向け就職エージェント
年齢 20~39歳 男女
職歴 IT経験者
対象地域 関東地方、関西地方
費用 無料
特徴 条件の交渉代行、経歴書の添削、模擬面談、社風や採用ポイントなど、
さらに高みを目指したい人のためのフルサポート体制が整っている。

レバテックキャリアは、ITエンジニアやクリエイターとして若いうちから稼いでいきたい人に選ばれている人気エージェントです。
紹介先はYahoo、DMM、バンダイ、ガンホーなど国内の大手IT企業も多数!
これまで10万人以上を内定に繋げてきた実績とノウハウは使ってみた人にしか分かりませんよ。

↓ ↓ ↓
IT/Webエンジニアの転職
【レバテックキャリア】はこちら





東京しごとセンター(30代から正社員を目指すなら)

運営会社 東京都営
種類 ミドルコーナー
年齢 30~44歳 男女
職歴 正社員未経験でもOK
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、山梨
費用 無料
特徴 自分に合った仕事を見つけたい、面接が苦手、未経験が不安、
など20代で大きな自信を持てなかった人でも
安定企業での正社員雇用を希望している方のための無料サービス。

東京しごとセンターは東京都が運営している職業紹介所です。
スタッフが求人企業に足を運んで実際に見て判断されていますし、
集団で合同説明会や専用ブースでの企業面接もあるので、書類選考なしで進むことも可能です。

また、1日5000円がもらえる就活支援金制度も多くの人が利用しています。

↓ ↓ ↓
30代からの正社員就職応援プロジェクト
【東京しごとセンター】はこちらから





マイナビエージェント(信頼性の高い求人ブランド)

運営会社 株式会社マイナビ
種類 若者向け就職エージェント
年齢 20~39歳 男女
職歴 正社員の転職向け
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫
費用 無料
特徴 IT業界、金融業界、不動産業界、製造メーカーなど
これまでの経験を活かしたキャリアアップに適している。
大手企業の求人が多く目立つのはマイナビブランドによるものか。

マイナビエージェントは、専門のアドバイザーが全面サポートしてくれます。
各々が大企業にもパイプを持つため採用者の傾向を熟知し、
非公開求人が基本スタイルなのでライバルと競わずに内定まで進みやすいのです。

また、求人応募や面接スケジュールなど全て代行してもらえるので忙しい人でも使いやすいと評判です。

↓ ↓ ↓
関東関西・首都圏の求人多数。
マイナビの人材紹介サービス
【マイナビエージェント】はこちら





Tech Boost(最新のITスキルを学べる)

運営会社 株式会社 Branding Engineer
種類 プログラミングスクール
年齢 18~39歳 男女
職歴 ほとんどが未経験
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉
費用 カウンセリングは無料
特徴 AIやIoT、ブロックチェーンなど
これからのIT業界で必須となる最先端技術を学べる。
卒業後に勤める会社まで紹介を受けられる。

Tech Boostは、全くの未経験からでも即戦力になれるITスキルを学べるスクールです。
普通はIT企業に就職しても開発経験が無ければお荷物になりがちですが、3か月の集中講座で
Ruby、Ruby on Rails、PHP/Laravel、データベースなどトレンドのIT技術を習得できます。

また、学習だけして終わりではなく、就職先の紹介まで受けられるのは大きな特徴です。

↓ ↓ ↓
AIやIoT、ブロックチェーンなどを学べる
【Tech Boost】はこちら





TokyoDive(上京したい人に仕事と部屋を同時提供)

運営会社 株式会社ダイブ
種類 上京支援サービス
年齢 18歳以上 男女
職歴 不問
対象地域 全国から東京へ
費用 案件による
特徴 地方から東京生活を始めるために必要になる
仕事と部屋探しを代行してくれる。
3ヵ月だけの体験上京もあり。
仕事は未経験歓迎な職種も多数。

TokyoDiveは、地方から東京に出ていきたい人のために仕事と部屋をセットで提供してくれるサービスです。
通常は、地方在住だと東京で仕事を探すにしても面接にも交通費が掛かり、
部屋を探すだけでも多すぎて迷い、それらを自力で同時に行うのはかなりの労力です。


しかし、TokyoDiveなら先に部屋が決まるので仕事先の面接にも簡単に行けます。

スキル無しでも未経験で気軽に始められる職種も多く、
部屋はワンルームから無料で住めるシェアハウスもあり、
そのままずっと何年も東京で暮らしている人もたくさんいます。

↓ ↓ ↓
田舎にいながら東京の仕事と部屋が見つかる
【TokyoDive(トーキョーダイブ)】はこちら





コメント