雇われない生き方が一生できる最低限必要な5つのこと

マーケティング

水上アキトです。会社に雇われ続けている限り、収入はせいぜい月30万円を大きく超えていくことはありませんが世の中には月100万円、300万円と稼いでいる人は大勢いますよね。

そして、勤めている会社の多くのライバルを押しのけて役員になるとか、
歩合制で営業しまくるとかができないのであれば一生そのままです。

普通人からの脱却をしない限り、あなたも収入が増えることは絶対ないと言い切れます。

では、経験者からの意見として、
雇われない生き方をするには何が必要最低限なのか挙げていくことにします。

稼ぎまくっている人は、いずれもこれらを全て持っている人ばかりです。

仕掛ける側になること

極端な例ですが、競馬で一番儲けている人は誰だと思いますか?

万馬券を出した人?

G1レースで優勝した馬主?

 

いいえ、競馬を開催している人(胴元)たちです。

JRAとかですね。

オッズを決めるのもJRAが全て決めています。

賭けている人たち(プレイヤー)はそのルールに則るしかありません。

 

 

では、宝くじも一番儲けている人を考えてみると、
6億円が当選した人(プレイヤー)でもなく、
宝くじを運営している銀行や会社(胴元)です。

 

ビッグビジネスでの事例を出してしまいましたが、世の中はどこもそうなってます。

Youtubeだって運営会社が一番儲かっているんです。

お店やメーカーも同じように、儲けている人たちとは、胴元ばかりです。

プレイヤーになっている側でいては、いつまで経っても儲かることはありません。

 

 

では、規模を置き換えてスモールビジネスではできないだろう、
と思いそうなものですが、実はそんなことはありません。

中小企業であっても、フリーランスであっても、仕掛ける側になることは可能です。

仕掛けを作るのは、歯車を組み合わせるだけであり、
1人運営でも100人のお客さんが来るように仕掛けるんです。

 

集客できる人=成功者という絶対法則
水上です。あなたはもしかして集客を勘違いしてませんか? お客さんを集めようとばかりしているから失敗しているのかもしれません。集客はお客さんを集めることという固定観念が引き起こすミスマッチと、成功者の法則を解説しています。
資格やスキルは必要がない! 金持ち達が実行していた3つの要素とは
資格があるから採用してもらえたと喜んで会社に入社している時点でお金持ちになれる機会は失ってますし、資格手当がもらえると言っても5000円とか2万円とかです。世の中の金持ちたちは資格やスキルなんて無くてもなれると言っている要素を解説しています。

 

仕組みを持つこと

あちこちから『自分だけにお金が入ってくる仕組み』さえ作ってしまえば良いんです。

会社で労働しているだけでは見えてこないものですが、
あれはあくまでも会社に入ってきた売上からお零れを受取っているに過ぎません。

会社がNOと言えばその時点で収入は無くなってしまいますよね。

 

仕組みとは、『自分が動かなくてもお金が入ってくる』ことを指します。

時間は有限なのに、労働収入だけを考えていては
時給脳のままでしかありません。

これはサラリーマンによく見られる考え方なんです。

 

そうではなくて、寝ているときでも、旅行に行っているときでも、
映画をダラダラ見てるときでも、飲みに行ってるときでも、
お金が入ってくるような仕組みを持つべきということです。

 

アーリーリタイアのブログで年収4000万円の男
水上です。今回は30歳でアーリーリタイアした人物がその後ブログで年収4000万円にもなった話をします。ブログ収入は狙ったものではないのに気が付いたらそれだけの収入になっていたという感じです。どのように資産構築に至ったのかご覧ください。
無料なのに儲かってる10個の有名サービスの不思議な仕組み
水上です。身近なところでもよく見かける『無料サービス』はどうやって儲けているか仕組みを知ってますか? これはまだここ20年ほどしか経っておらず、今回は10個のサービスなどから分かる無料ビジネスの儲け方を知ることにしましょう。
女性のほうがビジネスチャンスが男性よりも多い7つの理由
インターネットのビジネスチャンスには男女差があることを感じたことがあります。というのもネットビジネスにおいては男性のほうがスキル、知識、目立っている感じ、はあるかもしれませんが、女性のほうがビジネスチャンスの幅って多いんじゃないのかなと思っています。

 

確固たる覚悟を持つこと

サラリーマンでいるうちは失敗しても会社が負担してくれますが、
自営業者は自分で責任を負わないとなりません。

それが嫌なら一生雇われの生き方をしておいたほうが良いですが、
成功者になることも、自由な人生を謳歌することも100%できなくなります。

 

成功者を目指したい人は、責任とかリスクは一旦忘れたほうが良いです。

そればっかり頭の中で迷う時間だけが増えてしまい、
アイデアが思いついても行動が遅かったせいで
ライバルに追い抜かれて先行者利益を持っていかれてしまいます。

初期速度が遅いと、いつまで経ってもトップスピードにはなれません。

心配しなくても、案外、人生何とかなります。

 

仕事を辞めるのに勇気なんかいらない件
水上です。『自分のやりたい仕事をさせてもらえない』『今の仕事は本当に自分に合っているのだろうか?』『プレッシャーに負けそう』『もっと違う生き方ができたんじゃないか?』と多くの人が仕事の悩みに直面しています。会社を辞めるのに勇気が必要だという人もいますが、果たして本当にそうなのかと疑問を持っています。
夢リストの書き方。成功するために必要なものとは?
あなたに夢がないならば、夢を持つことは成功するために必要なことを知ってください。人が成功するには現実的なイメージを持つことと、頭の中に描いている希望を具現化することから始まります。『思っているだけ』なら誰でもできますが、それで成功できた人はいない理由が分かると思います。

 

人のせいにしないこと

 

会社員でいるとチーム単位で動いていた場合、誰かの尻拭いをさせられたり、
部下の失態を上司が謝罪するなどがよく見られますよね。

そのため、人のせいにする習慣が付いてしまっている人が起業すると
稼げないことを誰かのせいにしたがるようになります。

言うまでもなく、人のせいでは無いですよね。

 

そもそも子供じゃないんですから、
自分の行動には全責任を負うくらいの気持ちが必要です。

 

しかし、これが上手く回ってくるようになると
何をやっても上手くいくような感触を得られるようになり、
その度に新しいアイデアが湧いてきて、
とても気持ちいい感覚を持てるようになるんです。

ランナーズハイみたいなやつです。

 

人とは違う生き方って、実は案外難しくない理由
水上です。人生このままで良いのだろうかと立ち止まる人からの相談がありました。少しプライドが高い人は、周りの凡人たちとペコペコ頭を下げることに屈辱も感じ、新しい生き方を模索するケースも多いんです。ここでは人とは違う生き方をするための考え方や事例を出してまとめています。

 

100%じゃなくて良い

 

会社員でいると、企画書などはまず直属のリーダーが決断をし、
係長、課長、部長、など上に案が渡っていってやっと決断されます。

100%じゃないと審査が通らないこともよくありますね。

それに慣れ過ぎてしまうと、自分1人での決断力が失われているのです。

 

不完全でも良いんです。見切り発車でも良いんです。

 

雇われない生き方をする人は、思い立ったらすぐ決断ができて、
即行動できる人になるべきです。

100%じゃなくて良いんですよ。

60%くらいの感覚でも突き進んでみて、引っかかったらそのとき考えるんです。

 

じっくり散々吟味した企画書であっても、
始めてみたらいきなりつまづくなんてことはよくあるわけで
完璧なものなんてまず無いです。

まだ具体的に見たり触ったりもしていないうちから
迷っている時間すら勿体ないと感じるようになるんです。

 

高学歴でも稼げない人に足りない5つの要因を解説
そんなはずじゃなかった、と後悔している人が稼げるようになるための考え方を解説します。
行動力のない人が高めるための方法とは?
成功するために必要な行動力についてまとめています。
新商品を3倍売るための簡単な方法、教えます
水上です。商品を作ったけど売れない、情報コンテンツは完成したけどお客さんがいない、と悩んでいる人にオススメの簡単な方法を教えます。営業トークなんかしなくても商品が飛ぶように売れるための大事な一歩になりますよ。

 

コメント